記事

憲法9条改定─参議院選挙最大の争点か

野党の選挙準備が遅れるなか、安倍総理は強気です。改憲勢力で3分の2を確保できれば、国民の賛成を得たとして、憲法9条の改定に突き進むことは確実です。

憲法に自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打つだけだと安倍総理は説明しますが、これは国民を欺くものです。自民党の憲法改定草案では、自衛権の行使の範囲を無限定に広げ、武力行使することが可能になる余地があるからです。

選挙の結果次第で、憲法の根本理念である平和主義が大きく変えられようとしています。米軍と共に世界中どこでも武力行使する国になるのか、それとも侵略を受けたときのみ自衛権を行使する国であり続けるのか、日本にとって重大な岐路です。このことに、もっと強い関心と危機感を持つ必要があると思います。

あわせて読みたい

「参院選2019」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。