記事

憲法9条改定─参議院選挙最大の争点か

野党の選挙準備が遅れるなか、安倍総理は強気です。改憲勢力で3分の2を確保できれば、国民の賛成を得たとして、憲法9条の改定に突き進むことは確実です。

憲法に自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打つだけだと安倍総理は説明しますが、これは国民を欺くものです。自民党の憲法改定草案では、自衛権の行使の範囲を無限定に広げ、武力行使することが可能になる余地があるからです。

選挙の結果次第で、憲法の根本理念である平和主義が大きく変えられようとしています。米軍と共に世界中どこでも武力行使する国になるのか、それとも侵略を受けたときのみ自衛権を行使する国であり続けるのか、日本にとって重大な岐路です。このことに、もっと強い関心と危機感を持つ必要があると思います。

あわせて読みたい

「参院選2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  4. 4

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  5. 5

    陰謀論ダメ 太田光が訴えた意味

    水島宏明

  6. 6

    新型肺炎後の世界はネット主流か

    ヒロ

  7. 7

    東京で新たに130人以上感染確認

    ロイター

  8. 8

    敵はウイルス 政策叩きは止めよ

    青山まさゆき

  9. 9

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  10. 10

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。