記事

憲法9条改定─参議院選挙最大の争点か

野党の選挙準備が遅れるなか、安倍総理は強気です。改憲勢力で3分の2を確保できれば、国民の賛成を得たとして、憲法9条の改定に突き進むことは確実です。

憲法に自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打つだけだと安倍総理は説明しますが、これは国民を欺くものです。自民党の憲法改定草案では、自衛権の行使の範囲を無限定に広げ、武力行使することが可能になる余地があるからです。

選挙の結果次第で、憲法の根本理念である平和主義が大きく変えられようとしています。米軍と共に世界中どこでも武力行使する国になるのか、それとも侵略を受けたときのみ自衛権を行使する国であり続けるのか、日本にとって重大な岐路です。このことに、もっと強い関心と危機感を持つ必要があると思います。

あわせて読みたい

「参院選2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  3. 3

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  4. 4

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  6. 6

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  7. 7

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  8. 8

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  9. 9

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

  10. 10

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。