記事

ピエール瀧被告初公判 名証言引き出した小野裁判官の愛あるナイスプレー

1/2

裁判傍聴芸人の阿曽山大噴火です。今回、取り上げるのは麻薬取締法違反の罪で起訴された電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧被告(以下、被告人)の事件。世間の関心が高いので傍聴券の抽選に参加してきました。

約60倍の傍聴券を引き当てる

東京地裁の発表では、一般傍聴席21席に対して1266人が並び、抽選倍率は約60倍だったのですが、たまたまラッキーで当選しまして。被告人の裁判を傍聴してきました。

今回傍聴席は記者席21席、一般席21席。偶然にも半々だったんですが、どちらも満席。傍聴券抽選の時に余分に当たって空席が出るケースもあるんですけど完全に満席でした。記者席の右半分には白いカバーが着けてあってそこには司法記者の人が入れます。一番右端は被害者とか被告人の知り合いが座れる特別傍聴席。そこに白髪交じりの男性が座っていましたが、石野卓球さんじゃないことは確認できました。

弁護人は4人。職員が後ろに2人立っていて、警備員が6人(前に4人、後ろに2人)いて、かなり注目度が高いことを感じました。裁判が始まると、被告人が法廷に入ってきまして、記者席の方をパッと見ました。知り合いがいたのか挨拶をして、一般傍聴席の方を見たら完全に私と目が合って会釈をされました(笑)TBSラジオですれ違う程度で話したこともないんですけど、人柄が分かりますね。

「薬物依存症ではない」とする医師の見解


最初は被告人の職業などを聞く人定質問。被告人は「ミュージシャンをやっておりましたけど事務所を解雇され無職となっております」と答えました。自分の中では無職としているわけです。

小野裕信裁判官から「事実と違うところはありますか?」と聞かれて「ありません」と述べ、事実を認めました。検察官の冒頭陳述によると、被告人は昭和61年から音楽活動をやっていると。昭和61年なのでインディーズ時代のことも含めているわけです。(※電気グルーヴの結成は平成元年)

20代の時からコカインなどの違法薬物を使っていて、理由としては「多忙のストレスが原因だ」と述べていました。これが冒頭陳述で語られたこれまでの経歴ですね。今回の事件に関して、違法薬物は平成31年の3月11日の夜、知人から購入したと述べ、尿からコカイン成分が出たことで、3月12日23時6分に緊急逮捕。自宅を家宅捜索したところ、コカインと白い粉末、紙幣が見つかりました。この辺は報道されている通りですかね。ちなみに家宅捜索をしたのは18時34分〜19時46分。取り調べに対して被告人は、最終使用は3月12日の朝方だと話していました。

忙しくて息抜きの代わりになるものが見当たらなくてコカインを使っていたと供述。検察官の証拠としてはこれだけで、弁護人は紙の証拠を5枚持ってきていました。1枚目は自分のスマートフォンから薬物を売ってくれた知人の連絡先とその旦那の連絡先を消去した瞬間の写真。「消去しているところの写真です」と述べていました。

2枚目がコカインを使っていたマンションはもう解約していることの証明書。3枚目がこの後、証人でやってくる医師にカウンセリングを受けている証明書。もう8回行ってるらしいんですけど、そこに通院している証拠。4枚目は事務所を解雇になっている、番組や映画が打ち切りになっているものをまとめた資料。5つ目が奥さんの嘆願書。離婚するんじゃないかと書いた記事もありましたけど、嘆願書には「この度は夫・瀧正則がこんなことをやって申し訳ありません。夫が朝早く出て行って、深夜に帰ってきていたためすれ違っていました。そのため会話が全然なかったです。悩みを私に打ち明けることもなくそうしたものに手を出したのではないかと思います。今後、そのようなことが起こらないように私が面倒を見ていきます」といった内容でした。

そしてごくごく一部で石野卓球さんが出るんじゃないかと言われていましたが、実際いらっしゃったのは石野卓球さんではなく医師でした。この人がさっき話した国立研究開発法人国立精神・神経医療センターの医師・松本俊彦さん。今まで1000人くらいの薬物患者を診てきた人物です。

被告人とは8回カウンセリングをしていて、とても正直に真摯に話してくれるそうです。松本医師は「ものすごい忙しくて家族とすれ違いの中、全部1人で抱え込む。もう少し周りにも甘えてもよかったんではないかと。それが私の感想です」と話していました。

弁護人が「冒頭陳述によると被告人は20代の時から薬物に手を出していたとのことですけども、これは依存症なんですか?」と聞きました。すると医師が「依存症には該当しない」と述べました。

弁護人が続けて「他の薬物を使ったとも話しているようですが、これは依存症じゃないんですか?」と質問するのに対して、医師は「一般的なイメージだと使っている頻度、年数、使用量で依存症と思う人が多いけども実際は違う」と答えています。

医師の会話の中で物質使用障害という言葉が出てきて、その物質使用障害の10個のチェックリスト全てに当てはまったら重症なんですけど、被告人は1つしか当てはまらなかったそうなんです。だから依存症ではないというわけです。

覚せい剤はやめるのではなくやめ続けるもの

ここからは弁護人と医師の法廷でのやり取りになります。

弁護人:「8回通院されていますけど被告人に変化はありますか?」

医師:「まだ8回しか通ってないですからそれを聞くのは時期尚早です。(被告人は)周りの人に頼らず、ずっと踏ん張ってきた人なので、それが良くなかったんじゃないかと。息抜きの方法もそれ(薬物)しか見つけられませんでした。若い頃から罪悪感が少ないというコミュニティにいたことも問題です」

弁護人:「治療以外のことでやらなければいけないのは?」

医師:「社会的な居場所、経済的な安定が必要です。社会との繋がりが無くなると薬を使う人とのコミュニティの方が強くなって再び薬物に手を出す人がいます。経済的に不安定だと悪い人が近寄ってくるパターンもあります」

弁護人:「居場所が必要ってどういう意味なんですか?」

医師:「海外では常識になっているけど違法薬物の使用は孤立の病。だから人と接していく中で回復していくのが大事なんですよ」

覚せい剤ってやめるんじゃなくて、やめ続けるっていうんです。やめるのは簡単だけどやめ続けるのが大変だという意味なんですが、医師は「やめ続けた後に希望が無くてはならないんだ」というわけです。弁護人と医師のやり取りを続けます。

弁護人:「被告人は依存症でもないし治療も受けているということですが、薬をやめられるんですかね?」

医師:「私は予言者ではなく医師なのでそれは分かりません。ただ数字からいうとやめられる可能性は高い。さっき言ったように依存度が低いですから」

医師はさらに被告人の精神面に触れて「違法薬物を使っている人は精神的に病んでしまう人が多いんだけど被告人は精神的に非常に健康的だ」と述べました。

これで弁護人の質問が終わりです。検察官からの質問は1つもありませんでした。

情状証人に出た松本医師もすごいと思います。これまで情状証人として法廷に出たことがなかったそうですが、今回の事件は著名人が絡んでいるし、社会的な情勢を考えて今回の裁判は良いタイミングじゃないかと思って出廷されたそうです。

ここで小野裁判官が「こういう時ってグループミーティングを行うのが一般的だけど、個別療法って何かいい事あるんですか?」と質問しました。やっぱり小野裁判官は聞くこと違うわ〜と思いましたね。

個別療法について医師は「メリット・デメリットがあるけど、まず悪い面を言います。グループミーティングだと同じ罪を持った人が集まって判断し合い、一緒にやっていきましょうという仲間感があって(薬物を)止められるケースがありますけど個別はありません。ただメリットは1対1で、個別のパターンで話せることです」

これに対して小野裁判官が「海外だと有名人がリハビリ施設に行くみたいなことがありますけど、被告人の場合はどうなんですか?」と聞きました。医師は「確かに海外の場合は有名人だけが入るリハビリ施設があって、そこは秘密を守ってくれる。そういうのがあるといいんですけど、(日本にはない)今後の日本の課題です」と答えています。

この時にとても印象的だったのが被告人の反応です。海外のリハビリ施設の話題の時、被告人が小野裁判官の方に目をやり、医師の言葉を聞いて何度も頷いていました。

この質問から分かるのは、小野裁判官は有名人が法廷に立っていることをちゃんと理解して質問をしていることなんです。薬物の裁判自体は珍しくないから、裁判官の中にはベルトコンベアのように同じ様な質問しかしない人もいます。小野裁判官は流れ作業ではなく、被告に合わせて質問しているように感じましたね。

あわせて読みたい

「ピエール瀧」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  2. 2

    よしのり氏 なぜ休日増やすのか

    小林よしのり

  3. 3

    2000万円問題で火に油注ぐ麻生氏

    階猛

  4. 4

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  5. 5

    噂の人物 正体は米軍最強シェフ

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  7. 7

    朝日の信頼度 今年も全国紙最低

    島田範正

  8. 8

    現実見えぬ文大統領の致命的鈍さ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    携帯違約金1000円に メリットは?

    S-MAX

  10. 10

    大阪拳銃強奪 品川区の男を逮捕

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。