記事

心療内科っていうヤツに行ってきた!!

1/2

本日はメルマガとnoteの日。noteは単体だと108円ですが年間のマガジンだと3980円なのでかなりお得になります。マガジンがオススメです。w

1 クレーマー案件の制作費を取り戻せるか
2 疑似科学を信じ込む女性の洗脳を解くには
3 お客様よりスタッフを大切にする姿勢はNG?
4 もしわたしが医療系イベントを主催するなら
5 「子供1人あたり1,000万円支給」は効果的?
6 Garmin fenix 5Sの使用感について

です。まぐまぐ!または、スマホで読む方はnoteでお買い上げいただけます。関係ないですがついでにInstagramもフォローしていただけると喜びます。

Twitterとかみていますと、うつ病の患者さんや、うつ病を患って完治した人とかたくさんいることに気づきます。前にこういうエントリーを書きましたが


ここの統計データを見て欲しいのだが

WHOによると
日本には506万人の鬱患者がいるはずだが
医師にかかってる人はたったの22%!!!

日本では、100人に3~7人という割合でこれまでにうつ病を経験した人がいるという調査結果があります。さらに、厚生労働省が3年ごとに行っている患者調査では、うつ病を含む気分障害の患者さんが近年急速に増えていることが指摘されています。

こちらは厚労省のサイト

とあります。506万人といえば20人に1人くらいですよね。厚労省だと14〜30人に1人でだいたい合っている。珍しくもなんともない。普通にかかる病気なわけ。近年ではうつ病はストレスなどにより脳のセロトニン、ドーパミンなどの神経伝達物質が分泌されにくくなることで発症するケースが多いとされているが、厚労省では様々な要因があり、治療法も人によって異なるとありました。

わたしに出た症状

4/23に1年以上介護していた18歳4ヶ月の黒柴の小雪さんが逝ってしまったことは書きましたが、猛烈な喪失感に襲われました。亡くなった晩は両足が交互に3時間も攣り続けるし、深夜に起きては朝まで寝ないで介護していたので深夜に目がぱっちり醒めるしで割と困った。酒浸りになっているうちに徐々になくなってきたが、それでも1日の60%くらいは小雪さんのことを考えてしました。

ところが1ヶ月を過ぎる頃からちょっと変わってきた。数年前から「新型うつ病」としてニュースで見て来たが、こことかを見ますと

非定型うつ病は、特に20~30代の女性に増えている新しいタイプの心の病気です。従来のうつ病は、どんなことにもやる気が起きず、ずっと気分が落ち込んだままになります。非定型うつ病は自分の嫌なことに対しては憂鬱になり、体が動かせないほど体調も悪くなるのに、好きなことや楽しいことが起きるとたちまち元気になります。また、うつ病は食欲もなく不眠状態が続くのに対し、非定型うつ病では過食・過眠傾向に。


若い女性ということを除けば、この症状にドンピシャ!!!
しかし新型うつ病という言い方については厚労省はこの使い方を真っ向から否定。

いわゆる新型うつの理解と対策は?

このごろ聞かれる「新型」うつ病という名称はマスコミ用語です。ウイルスが突然変異を起こして生まれた新型ウイルスとは違い、症状が昔の病気とはいささか異なるうつ病という程度の意味で、ことさら「新型」と言えるようなものではありません。気分障害という中身は昔と変わらず、外見すなわち症状が変わってきたのです。

つまり、現代風な気分障害というべきものです。具体的には、この20年ほどの間に気分障害においては軽症化、非定型化のような病態の変化が見られるのが、その本態であると考えられます2)。逃避型抑うつ(広瀬)、ディスチミア親和型うつ病(樽見、神庭)、未熟型うつ病(阿部)、現代型うつ病(松波)、職場結合性気分障害(加藤)のような類型が知られています。

よく分からない・・・・ww

関東中央病院では

昨今、新聞、雑誌、テレビなどで、現代社会に比較的若年の勤労者に多く見られる社会適応の失敗の様子が“新型うつ病”という言葉で呼ばれて「うつ病」の一種として伝えられることがありますが、症状の特徴をよく吟味すると、この病像に「うつ病」という診断を行うことは妥当ではありません。

したがって、“新型うつ病”は「うつ病」が現代的に変化したものとは言えません。それでは、現代に特徴的な「うつ病」の病像が存在する、という話は事実無根なのかというと、そうではなく、中核的な「うつ病」の病像はこの4,50年の間に変化してきており、「うつ病」像の現代的変化は存在します。

まとめると、
「現代型うつ病」;本格的な「うつ病」の病像が現代的に変化したもの
“新型うつ病”;現代に多く認められる社会適応の様子ではあり、「うつ病」に似てはいるが、本格的な「うつ病」ではないものということになります。

とありまして、その原因を

“新型うつ病”は「~うつ病」と呼ばれてはいても実は、神経症(パーソナリティ傾向のための適応障害)や重度ストレス反応(ストレスフルな事件や状況に対する心理的反応)、パニック障害(不安発作)、対人緊張の強さ(対人恐怖、社交不安)などである場合がほとんどです。

としています。つまりもうなんだかわからないので、心療内科に行ってみることにしたわけです。

読者の皆さんも自分はうつではないかと心配しているが、なかなか足が向かない人も多いだろう。だって4人に1人しか受診してないんですよ。前述の通り脳の神経伝達物質の問題なら単なる病気だから放置はだめでしょ、放置は・・・・。

あわせて読みたい

「新型うつ病」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。