記事

「男性の育休義務化」の成功に必要なのは「批判」

1/2

男性の育休義務化について議論が盛り上がっているところに、くるみんマーク取得事業者であり子育てに優しいはずの企業でのパタハラ問題が発覚し、さらに最新の育休取得率データが発表されました。議論の機は十分に熟していると思います。

2018年の男性の育休取得率は6.16%。私が育児誌で「ナイスパパコンテスト」の審査員とかをやっていた2005年くらいのころは1%台でしたから、それから比べればものすごい伸びたような印象を受けてしまいますが、国が目標にしている2020年までに13%は到底無理そう。まあだいぶ前からうすうすわかっていましたが。

男性の育休義務化については、「<義務>というのは何にしても嫌いだけどやむなしかな」という気になっていますが、今回6.16%という数字が出てきたことに対する「啓蒙ではもう無理だということは明らかだ!」という論調は、論理として雑で危険かなと思っています。もちろんそれを言っている人たちに悪気がないのはわかっていますが。

だって、これまでの啓蒙の方法が間違っていただけかもしれない。実際僕はずっとそう訴えています。たとえば……

●無理を押しつけ合う「夫・妻・中間管理職」

はっきり言おう。これまで「男性の家庭進出」がなかなか前に進まなかったのは、「イクメンやイクボス推進運動」や「ワーク・ライフ・バランス啓蒙活動」そのものが、その表面的なメッセージとは裏腹に、実は昭和的マッチョイズムを根底で引きずっており、当事者の内面的変革を阻害していたからだ。(上記記事より)

そこを振り返らずに義務化だけを進めれば、当然「副作用」が大きくなるでしょう。義務化に反対はしません。でもこれから必要なのは義務化の必要性を訴えることだけではなくて、予測できる「副作用」をあらかじめ明らかにし、あえて批判を洗い出し、そこへの手当を事前に講じておくことだと思います。

全然違う文脈の教育関係の明き発刊の本で、批判的視点の重要性について、ちょうど執筆中なので、引用します。

本来「批判」とは、弱点を補強するプロセスです。市民が批判する力をもたないと、社会をより良くしていくことはできません。単に現状を批判するという意味だけではなく、より良くするためのアイディアを批判によって洗練しないと、結局現状を変えられないからです。

「ゆとり教育」も「働き方改革」も、予測できる「副作用」を隠して議論を進め、改革実行の前に十分な批判を浴びず、実行プランを事前に鍛え上げられなかったことが失敗の原因だったと思います。今回の義務化にともなってどんな副作用が予測できるのか、私もこれから考えて、発信していきたいと思います。

「批判だけなら誰でもできる」とよくいいます。おっしゃるとおりです。だからみんなで批判しなくちゃいけないんです。「批判」というより「課題の発見」といったほうがいいかもしれませんが。

最後に、2016年発刊の拙著『ルポ父親たちの葛藤』から、さらに詳しい部分を引用しておきます。我ながら「予言の書」であったと思います。

************

ワーク・ライフ・バランスという名のマッチョイズム

 とどのつまり、長時間労働が悪いということになる。日本企業の長時間労働依存体質を変革する必要がある。しかし、アルコールにしてもニコチンにしても薬物にしても、依存症から抜け出すには大きな苦痛を伴う。「意志」とか「覚悟」とか、精神論だけでは太刀打ちできない。段階を踏んだ綿密な作戦が必要だ。

 たとえば2007年ごろには「ワーク・ライフ・バランス」という言葉が流行したが、最近は聞かなくなった。それもそのはず。もともとよほど高所得で労働時間を削って収入を落としても生活していけるような人でもない限り、仕事を減らすわけにはいかず、結果、1日24時間ではどうにも収まりきらない膨大なタスクを、どうにか24時間のうちに押し込めるだけで精一杯であり、「バランスをとる」などと悠長なことを言っていられる状況ではなかったのだ。

 「仕事を効率化すれば成果を落とさなくても家族時間を捻出できる」という言説も流行った。しかし景気停滞期に入って以降、「就職氷河期」に象徴されるように人員は減らされ、トヨタの「カイゼン」に代表されるように業務はすでに極限まで効率化されている。

よほどサボっていた会社員でもない限り、それ以上業務の効率化などできるはずがなかった。そこでさらに「家族時間を捻出しろ」というのは、絞りきった雑巾をさらに万力にかけ、最後の1滴を絞り出すようなものだ。下手をすれば雑巾が破れてしまう。

 こういう後ろ向きなことを言うと、「そんなこと言っているから世の中は変わらないんだ」と説教をされそうな雰囲気すらあった。しかしそれこそが20世紀の日本企業が好んだ「やればできる、できるまでやれ、弱音を吐くな」的なマッチョイズムであるという矛盾をここで指摘しておきたい。

 キャパオーバーな分を自分が引き受けたうえに理想のワーク・ライフ・バランスを実現しようとするまじめな男性ほど、前述のようにうつ症状を発したり、体調を崩したりした。妻、会社、社会からの要望すべてに一度に応えようとして、「一人ブラック企業」になってしまったのだ。私が運営するサイト「パパの悩み相談横丁」にもそのような父親たちからの相談が多い。

あわせて読みたい

「育児休暇」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  4. 4

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  5. 5

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  6. 6

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  7. 7

    五輪特需という支えを失った日本

    ビデオニュース・ドットコム

  8. 8

    家族解体 背景に一夫一妻の限界

    文春オンライン

  9. 9

    山里がコロナ禍で感じた強い芸人

    ABEMA TIMES

  10. 10

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。