記事

憲法改正のための大連立?いいんじゃない?

まあ、7月の選挙が終ってからの話ではあるが、選挙結果次第では連立の枠組みを見直した方がいいだろう。

国会の審議をスムースにして、国益、国民益に資するような活力のある国政を実現できるのなら、何も今の自公連立に拘ることはない。

今国会では国民投票法の改正すら実現が危ぶまれていると聞く。
憲法審査会はあるものの、憲法改正の議論はまったく進んでいないようだ。
なんだか党利党略で国会の審議が進んでいないような印象である。

必要な審議がなされないままに、数の論理で大事な事々が決まっていくような事態は、何としても避けてもらいたいものである。

与野党共に、熟議しない国会からは速やかに脱却してもらいたい、と心から願っている。

そういう国会審議の停滞を憂慮する自民党の有力議員から、憲法改正のための大連立構想が飛び出してきた。
公明党は如何にも寝耳に水、のような印象だったが、国会を熟議の国会に変えていくためには、憲法改正論議に参加することに前向きな野党の国会議員を巻き込んでの「憲法改正のための大連立構想」はあっておかしくない。

これからどういうことになるか分からないが、何があってもおかしくないのが永田町である。

とりあえずは、憲法改正のための大連立構想を口に出した下村さんが新しい大連立の牽引力の一人にはなりそうだな、ぐらいのことは言っておいてもいいのだろう。

これで政界再編の兆しが生まれるのだったら、こんないいことはない。

あわせて読みたい

「大連立」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  9. 9

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  10. 10

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。