記事

100年時代生きるにはもう2000万円必要 金融庁の試算に困惑の声

長寿化が進んで人生100年時代を迎えると、夫婦で約2000万円が足りなくなる――。金融庁が3日に公表した報告書の中で、そんな試算を公表した。金融資産の不足を生じさせないため、保有資産を長期・分散型で運用することなど、生活水準を維持するための対応策も具体的に示している。

公的年金制度の限界が指摘される中、今回の「さらに2000万円が必要」という報告は唐突な感が免れないのは事実だ。Twitter上では、「2000万円も今から貯めろと?!マジで絶望する。」「100年安心は嘘だったのか」など困惑するツイートが相次いでいる。

年金に依存する生活では毎月5万円の赤字

金融庁が公表した報告書。約2000万円の資産取り崩しが必要という

報告書は、平均寿命が大きく伸びる人生100年時代に備え、計画的な資産形成を促進するために金融庁がまとめた。

その中で、無職の高齢夫婦(夫:65歳以上、妻:60歳以上)が年金収入に頼った生活設計行った場合を想定。長寿化に伴う生活費の増大や、公的年金の受取額の減少を見据え、夫婦の家計は毎月5万円の赤字が出るとした。さらに、赤字は20年間で約1300万円まで膨らみ、人生100年時代を見据え30年間を生きた場合には約2000万円まで拡大するとしている。

その上で、「現役期」▽「リタイヤ前後期」▽「高齢期」――の三つの期間について、保有資産の運用などにおける対応策を記した。「現役期」では、少額からでも長期・積立・分散投資による資産形成を行うことをすすめ、「リタイヤ前後期」については、住居費や生活費が相対的に安い地方への移住も選択肢の一つとして提案している。



「高齢期」については、心身の衰えによる医療費や老人ホーム入居費などのための事前準備の必要性を指摘。認知症や判断能力の低下に伴い、通帳の保管場所や資産情報を共有できる信頼ある第三者を確保する対応策も示している。

「海外にお金をばら蒔いた結果だろ?!(怒)」

Twitter上では、今回の報告への困惑や怒りの声が相次いで投稿されている。

麻生太郎財務大臣は、今回の報告に関連して、報道陣に対し4日朝、「人生設計を考えるとき、100歳まで生きる前提で退職金を計算してみたことがあるか? 普通の人はないよそういったことを考えて、きちんとしたものを今のうちから考えておかないといかん」と説明した。

写真AC

金融庁は5月に示した報告書案の中では、公的年金の給付水準を現状のまま維持することの難しさが打ち出され、政府が年金制度の“限界を認めた”格好となっていた。一方、金融庁は今回の報告の中では、該当する記述を削除している。

追記(6月7日午後0時45分):共同通信によると、麻生太郎金融担当相は7日の記者会見で、2千万円の蓄えが必要と試算した今回の報告書について「老後を豊かにする額を示したものだ」とし、不足額を表す赤字という表現は「不適切だった」と述べたという。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  2. 2

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  4. 4

    東京五輪後は一切面倒見ないIOC

    舛添要一

  5. 5

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  6. 6

    解雇規制緩和を主張する人の矛盾

    非国民通信

  7. 7

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  8. 8

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  9. 9

    日本企業に陽はまた昇るのか?

    ヒロ

  10. 10

    過去作否定? ターミネーター新作

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。