記事

通り魔殺人の「リスク」を割り算的に考える

あるカテゴリーを持つクラスタにリスクをなぞらえて論じる気持ち悪さやリスクを尾藤誠司先生も論じている。これが「いじめの構造そのもの」な点に、全く賛成だ。

短絡的な特性クラスタによる分類、そして、短絡的な因果関係の説明は、差別社会の深刻な病だと私は考えます。これはまさに「明日は我が身」です。誰もが「その他大勢の人々」からみると「理解できない」何かしらの特性を持っているのではないでしょうか?

たまたまその特性を持っていたというだけで特定のクラスタにカテゴリ付けされてしまい、そのうえで「危険人物」扱いされてしまうのです。そして、その源泉となっているのが「理解できない」人たちに対する嫌悪感だったとしたら、まさにこれはいじめの構造そのものなのです。

池田清彦先生によると、他人を道連れにする衝動に駆られた人物が殺人にいたることを「アモク・シンドローム」と呼ぶそうだ(「心は少年、体は老人」より)。また、大量殺人のあとの自殺衝動というのは単なる殺人者とは異なる特質がある、という見解もあるそうだ。米国の連続的、定期的に起きる銃乱射、自殺というコロンバインのコピーキャットがそうだし、津山事件以降の日本の事象もそうだ。

で、こういうアモクとか大量殺人のあとの自殺にせよ、とくに「ひきこもり」がリスクになっているというデータは見つからない。おそらくは「ひきこもり」は原因というよりも結果と考えるほうが合理的だ。だから、ひきこもりを無理にひきこもらないように仕向けたところで、こういう殺人ー自殺の連鎖はなくならないだろう。

それよりも、アモクにせよ「殺人自殺」の連鎖にせよ、そのリスク因子でほぼほぼはっきりしているものが一つだけ、ある。

それは、「男性」であるということ。女性でこういう事例を起こすことは極めて稀である。

で、ここで思考停止になって、やっぱ男が悪いんだ、とミサンドリーに走ったりしてはいけない。もちろん、昔、アラン・チューリングが受けたような(というかまあ逆だけど)ホルモン療法などを想起してもいけない。

チューリングは同性愛者である「罪」のために(英国では20世紀戦後まで同性愛は犯罪だった)、男性ホルモン注射を義務付けられた。英国も非常にえげつない人権無視の負の歴史を持っている。逆に世の男性に女性ホルモンを注射したら、男性特有の暴力性や犯罪性は抑圧される可能性は、ある。

あるが、その副作用は大きい。まず、人口は激減する。特にすでに人口減少モードの日本では大打撃だろう。

それ以上に問題なのは「分母」の問題だ。つまり、アモク、殺人・自殺者のほとんどは男性なのだが、男性の殆どはアモクでもなく、殺人・自殺などしないってことだ。どちらを分母で考えるかで、見えてくる風景が変わってくる。よって、ほとんどの男性にとって、殺人のリスクを糾弾されるのは筋違いなやつあたりだ、ということだ。

同じことは例えば「痴漢」についてもいえる。痴漢のほとんどは男性だ。が、男性の殆どは痴漢などはしない。一部のフェミニスト(ここでも分母が大事で、みんなではない)がときに男がみんな悪い的なSNSでの情報発信をし、「私はこんなに痴漢に苦しめられてきた」という文脈で糾弾するが、糾弾するべきはあくまで痴漢であり、男性そのものではない。これもやつあたりだ。上の理路と同じである。

このことは、個別の事例を過度に一般化してはいけない、というもっと一般的な法則で適用できる。過度の一般化は差別の正当化にしばしば使われる。そのような陥穽に陥ってはいけない。

そうすると、稀な大量殺人・自殺という現象に一般的な対策を立てるのも必ずしも正しくない、ということが分かる。個別の事例は個別的に対応すべきで、なにかそこから一般的な方策など導き出さないほうが良い。街の監視カメラを増やして、犯罪一般の抑止圧力をかける、みたいなのは妥当だけど、それ以上踏み込むと冤罪や八つ当たりの弊害がずっと大きくなる。

あわせて読みたい

「引きこもり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  2. 2

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  3. 3

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  4. 4

    N国丸山氏を糾弾する危険な正義

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    麻生大臣が「安倍4選」に初言及

    文春オンライン

  6. 6

    廃棄HDD漏洩 開いたパンドラの箱

    山口利昭

  7. 7

    菅長官の高級ホテル開発案は愚策

    木曽崇

  8. 8

    支持率に影響出ない桜見る会問題

    非国民通信

  9. 9

    フィンランドで34歳女性が首相に

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    あたらしい党から3人目の離党者

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。