記事

イケアがロボット家具を開発、ボタン1つで間仕切り移動


[エルムフルト(スウェーデン) 4日 ロイター] - スウェーデン家具大手のイケアは4日、小さな居住空間をより効率的に利用するため、ボタンを押すだけで動く「ロボット家具」を発表した。商用サービスは2020年以降を予定しており、まずは人口密度の高い香港と日本で開始するという。

イケアが米国の新興企業Oriと開発したのは、ボタンで動かせる間仕切り。これを移動させることで、ベッドやウォークインクローゼット、ソファのスペースを広くしたり、別の作業スペースを広げたりすることができる。

開発担当者は「ロボット工学を使えば、非常に狭い部屋に住んでいる人のために空間を変えることができる。ニーズがあるのに、技術を使わない理由はない」と述べた。Oriとは2年間、タッチパッドで操作する家具の開発に取り組んできたという。

Oriはすでに米国で、形を変える家具を販売しており、IKEAの低価格戦略とグローバルな事業展開を通じて幅広い顧客基盤を狙っている。

Oriのラレア最高経営責任者(CEO)はロイターに対し「新世代の家具を考える必要がある。すごい能力を備えた家具と呼べるだろう」と語った。

あわせて読みたい

「IKEA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ホームレス拒否への批判に疑問

    永江一石

  2. 2

    景観重視で堤防拒否した二子玉川

    田野幸伸

  3. 3

    災害時リスク高いタワマンの欠点

    tokyo editor

  4. 4

    グラドル保育士が破壊するモラル

    田中俊英

  5. 5

    八ッ場ダムが活躍? 称賛を危惧

    藤田哲朗

  6. 6

    韓国紙 在韓米軍巡り文氏に異論

    WEDGE Infinity

  7. 7

    元政務官「今井議員の仕事見て」

    山下雄平

  8. 8

    タワマンは首都圏版ニュータウン

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    好調「note」 CEO語る躍進の理由

    BLOGOS編集部

  10. 10

    ゼルビア問題 藤田氏=悪は間違い

    島村優

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。