記事

別姓であろうが愛に満ち家族もあれば、同姓であっても冷えた家族もある。 - 6月5日のツイート

若い人たちのファッション保守(明治に作られたものを盲目的に賛美)の典型。戸籍は明治時代(壬申戸籍)に作られたもの。では明治前には、日本に歴史はないの?また日本のような戸籍を採用しているのは世界各国では韓国と台湾くらい。世界各国にも歴史はないの? https://twitter.com/yoshidakoichiro/status/1135953421238919168…

そもそも戸籍なんかなくても、先祖との繋がりはある。こりゃ、中学校の弁当こそが親の愛情だと唱え続け、中学校の給食を否定していた大阪自民党と同じ類だな。給食の地域は親の愛情がないの?と反問したら、大阪自民党は何の反論もできなかった。

今、大阪は中学校の給食を導入したが親の愛情に何の変化もない。むしろ親には喜ばれている。戸籍で問題なのは生誕地情報。これが差別の元凶。こんな情報は要らんでしょ。現住所地で十分。その他の情報もマイナンバー管理で十分。続き柄もマイナンバーで管理すれば先祖は辿れる。ただし明治まで。

マイナンバー管理(住民票情報+生誕地情報を除いた戸籍情報)に一本化すれば、戸籍管理に費やされている膨大な法務省(局)の行政コストを削減できる。さらに個人管理にすれば選択的夫婦別姓にも移行しやすい。令和の時代の人たちはもっと頭を柔軟にしないと。

橋下徹が1万人の組織を動かした哲学、「反対派は積極的にそばに置く」 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン https://diamond.jp/articles/-/203757?display=b…

それと夫婦同姓も明治時代に作られたもの。夫婦同姓が夫婦・家族の一体性を醸成する?何バカなこと言ってんの。別姓であろうが愛に満ち家族もあれば、同姓であっても冷えた家族もある。姓と家族愛はまったく別モノ。そもそも明治以前は庶民の姓などあいまい不明。それらに家族愛がなかった?

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。

橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン
【ご購読はこちらから→】http://hashimoto.president.co.jp/
橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』
【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「夫婦別姓」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  2. 2

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  5. 5

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  6. 6

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  7. 7

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  8. 8

    片山さつき氏 ブルーインパルス写真を“捏造”?著作権侵害を指摘の声も

    女性自身

    07月26日 11:15

  9. 9

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  10. 10

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。