記事

2000万円の貯金?100年安心の年金ではなかったのか

金融庁が出した報告書、人生100年時代の安心のためには、老後に向けて2000万円貯金すべし、というものでした。これは一体どういう意味のものなんでしょうか。

年金については、この報告書の中では、今後「支給額が調整」されるので、すなわち「減る」ということが書かれていて、だから2000万円の貯金が必要だという分析です。

年金は、100年安心ではなかったのか。ずいぶん無責任なものだなと思います。

一方で、その肝心の年金については、今年は5年に一度の「財政検証」の年です。これまでは年前半に年金財政検証に関する結果が発表され、それに基づく「支給額の調整」の議論が始まりました。ところが今年の場合は、年前半、すなわち参院選前に検証結果が出される雰囲気はありません。

年金に関して不都合な分析は、選挙の後まで隠すということか。

無責任以外の何物もでもありません。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    肺炎の買い占め騒動はまだ序の口

    田中龍作

  2. 2

    よしのり氏 休校は英断ではない

    小林よしのり

  3. 3

    クレベリンの機内持ち込みは不可

    和田政宗

  4. 4

    コロナ対応にみるリーダーの素質

    室橋 祐貴

  5. 5

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  6. 6

    不正確な情報による買占めやめよ

    内藤忍

  7. 7

    結婚式のキャンセルで高額負担も

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    コロナにゲイツ氏「100年に1度」

    ロイター

  9. 9

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

  10. 10

    安倍首相の休校要請を海外が称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。