記事

2000万円の貯金?100年安心の年金ではなかったのか

金融庁が出した報告書、人生100年時代の安心のためには、老後に向けて2000万円貯金すべし、というものでした。これは一体どういう意味のものなんでしょうか。

年金については、この報告書の中では、今後「支給額が調整」されるので、すなわち「減る」ということが書かれていて、だから2000万円の貯金が必要だという分析です。

年金は、100年安心ではなかったのか。ずいぶん無責任なものだなと思います。

一方で、その肝心の年金については、今年は5年に一度の「財政検証」の年です。これまでは年前半に年金財政検証に関する結果が発表され、それに基づく「支給額の調整」の議論が始まりました。ところが今年の場合は、年前半、すなわち参院選前に検証結果が出される雰囲気はありません。

年金に関して不都合な分析は、選挙の後まで隠すということか。

無責任以外の何物もでもありません。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  3. 3

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  4. 4

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    2000万円貯金して個人消費は無理

    毒蝮三太夫

  6. 6

    アクセル踏み間違い根絶に有効策

    志村建世

  7. 7

    日韓世論で温度差 相手国の印象

    WEDGE Infinity

  8. 8

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  9. 9

    年金不安を煽る金融庁は猛省せよ

    深谷隆司

  10. 10

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。