記事

羽生善治が通算勝利1434勝の金字塔 過去のトップ棋士と比べてみると…… 通算100期のタイトル挑戦もあと一歩に - 相崎 修司

 羽生善治九段がまた新たな金字塔を打ち立てた。

【ランキング】将棋の公式戦通算勝利数ベスト9

 公式戦通算勝利、1434勝。


記録を達成した終局直後の様子 ©相崎修司

 大山康晴十五世名人の持つ通算勝利記録を抜いて、単独1位となったのだ。達成局となった王位戦挑戦者決定リーグ白組プレーオフの対永瀬拓矢叡王戦のあとに行われた共同インタビューで、羽生は記録更新について以下のように語った。

「今年に入ってからは大きな目標でした。この前の対局は残念ながら負けてしまったので、今日、達成できて非常にうれしいです」

 そして、6月6日の王位戦挑戦者決定戦に向けて、「2日後、すぐなんですけど、気力を充実させて次の対局に臨めたらいい」と意気込みを新たにした。

 記録達成の対局については「似たような形を指したのですが、その手順を少し工夫してみました。結果として攻めが呼び込む形になってしまったので非常に怖く、ギリギリの局面で思い切って受けたに回ったら、どうなるのかなと」と語った。

羽生の勝率がずば抜けて高い

 将棋界は節目の記録として、公式戦通算600勝を将棋栄誉賞、800勝を将棋栄誉敢闘賞、1000勝を特別将棋栄誉賞として、それぞれ表彰している。感覚的には600勝がプロ野球の名球会入りで、1000勝が殿堂といったところだろうか。

 これまで特別将棋栄誉賞を受賞したのは別表の通り9名だが、羽生の記録をみるとその勝率がずば抜けて高いことがわかる。勝率第2位の大山と比較して5分以上高いのはとんでもないことだ。同世代の佐藤康光九段と比較すると、対局数が350局以上多いのに、敗局は40局近く少ない。

 羽生の勝利の内訳をみると、対佐藤の107勝(54敗)が最も多く、以下は谷川戦の105勝(62敗)、森内俊之九段戦の78勝(58敗)という数字が続く。佐藤は「私が最も多く貢献してしまいました」とジョークを飛ばしたこともあったが、対羽生戦を多く経験しているのは言わずもがなの一流棋士ばかりだ。

 タイトル戦でストレート負けを喫すると「4連敗だけなら俺でもできる」という軽口がたたかれることがあるが、そもそもタイトル戦に出ること自体が大変であることは言うまでもない。それと同様に、まず羽生と公式戦を指すことが大変なのだ。羽生がタイトル保持者になっている棋戦で挑戦者となるか、あるいは羽生がシードされている段階まで予選を勝ち残らなければいけない。

 羽生と一局でも公式戦を指した経験がある棋士は186名(他に奨励会三段が2名)いる。そのうちもっとも先輩が棋士番号17の小堀清一九段であり、もっとも後輩が棋士番号307の藤井聡太七段である(羽生の棋士番号は175)。羽生より後輩で、羽生と一戦も指さずに引退した棋士もいることを考えると、羽生と公式戦を指すことのハードルの高さがお分かりいただけるだろうか。

一流棋士しか出場できないJT杯で……

 ここで視点を変えて、勝利数歴代5名のうちまだ現役の羽生と谷川を除く、残る3名の最終勝利(あるいはそれに準ずる一局)にスポットを当ててみたい。

 まず、大山の1433勝目は1992年6月14日に行われたJT杯将棋日本シリーズ、対小林健二九段戦である。劣勢の将棋をひっくり返したその粘り腰もすごいが、大山はこの対局の1か月半後(7月26日)に現役のまま亡くなっているのだ。事故などの急死ではなくガンによる病死だったから、対局の時点ですでに体調が著しく悪かったであろうことは想像できる。にもかかわらず、その時の一流棋士しか出場できないJT杯に参加して、勝ったという事実が、大山の偉大さを改めて思わせる。

 そして、大山の訃報を告げる、『将棋世界』平成4年9月号には谷川も追悼文を寄せていた。そこで取り上げられたのは、大山の1432勝目である1992年3月2日の順位戦A級最終局である。

〈最後は形も作れないほどの完敗だったが、不思議と悔しさはなかった。

 これだけ完璧に負かされたのでは仕方がない。素直に、大山先生に御礼が言いたい気持ちだったのである。

 公式戦の対局数は二十。年齢が三十九歳も離れていることもあり、大山先生にとっては、本気になって負かそうとする相手ではなかったと思う。

 事実、苦しい将棋を大山先生の楽観から逆転勝ちするケースも多かったのだが、本局は違った。

 大山将棋の神髄を、最後の最後に見せて頂いた〉

「加藤先生強すぎませんか?」

 加藤一二三九段の1324勝目は2017年1月20日の棋聖戦、対飯島栄治七段戦である。直前に自身の引退が確定し、あとは勝ち残っている棋戦を指すだけとなったが、「すべての対局に全力投球」は加藤の代名詞ともいえる。当時、B級1組に在籍していた飯島を圧倒し勝利。2018年度の最多勝利賞を受賞する佐々木大地五段をして「加藤先生強すぎませんか?」とツイッターでつぶやかせるほどのものであった。

 この勝利は、丸田祐三九段が持っていた公式戦最高齢勝利記録(76歳11か月)を更新(77歳0か月)する、偉大な勝利でもあった。

 引退後も気力の衰えをみせない加藤の、各方面でのアグレッシブな活動については、改めて触れるまでもないだろう。

「やはり羽生さんとはタイトル戦をやりたかった」

 中原誠十六世名人の1308勝目は2008年8月12日の王将戦、対木村一基九段戦。この一局に勝った後の感想戦の最中に、中原は体に異変を起こし、病院に緊急搬送される。脳内出血と診断され、即、入院となった。

 その後復帰を目指すも、「元通りというところまでは回復せず、対局は難しいと判断しました」と、2009年3月31日付で引退とした。引退の記者会見では、

〈もし悔いがあるというなら竜王戦ですね(2003年の第16期竜王戦挑戦者決定戦で森内に勝っていれば、羽生との七番勝負だった)。やはり羽生さんとはタイトル戦をやりたかったという気持ちはありました。あの頃は割合自信もありましたので、ちょっと残念という気持ちはありました。

 羽生さんと私は年齢差でいうと、私と大山先生くらいですから。私は大山先生とはずいぶんタイトル戦をやっていますのでね(筆者注・21回)。これに関してはこちらの方がちょっとだらしがなかったのかなと〉

 と、語っている。ちなみに最後の中原-羽生戦は2008年7月4日の銀河戦で、中原勝ち。大棋士の力はいつまでたっても衰えないものだと、改めて思わせる。

 通算勝利1位となった羽生だが、当然ながらその棋士人生はまだまだ続く。1500勝、あるいは2000勝にまで至るかもしれない。次の王位戦挑戦者決定戦の一番で勝てば、王位を保持する豊島将之名人へのタイトル挑戦が決まる。多くの将棋ファンが望んでいるであろう、タイトル通算100期達成も、それほど遠くはないかもしれない。

 数字上では、孤高の道を歩むことになった現代の大棋士の戦いぶりを、これからも見ていくと同時に、観戦記者としてファンの方に少しでもその実像をお伝えできればと思う。

(相崎 修司)

あわせて読みたい

「羽生善治」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    よしのり氏 れいわの政策に納得

    小林よしのり

  4. 4

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  5. 5

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  6. 6

    「民主主義の危機」は本当なのか

    村上 隆則

  7. 7

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  8. 8

    若者が選挙に行くほど自民が圧勝

    永江一石

  9. 9

    年50万円かけ実験 クレカ選択術

    内藤忍

  10. 10

    望月氏が安倍首相の歴史観を分析

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。