記事

EUと米国の通商協定、存続を左右するほど重要=独首相

[ベルリン 4日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は4日、欧州連合(EU)と米国の通商交渉について、将来締結される協定は「存続を左右するほど重要」だと発言、フランスが反対票を投じたのは「残念」だが、交渉の進展を目指すと述べた。[nL3N21X373]

同首相はドイツ産業連盟(BDI)で「我々は米国との交渉を委任された。これは存続を左右するほど重要だと考えている」と発言。

「フランスがこの委任に反対票を投じたのは残念だが、おそらく、人々を説得するためになすべきことがあるだろう」と述べた。

同首相は、交渉では世界経済の難局を回避できるよう分別のある解決策を探りたいと述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  9. 9

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  10. 10

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。