記事

米検察、弁護人巡るファーウェイの申し立て却下を裁判所に要請


[3日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]が米国の対イラン制裁違反などの疑いで起訴されている問題で、米検察当局は3日、弁護人を巡るファーウェイ側の申し立てを退けるよう連邦地裁に求めた。

検察当局は、ファーウェイのジェームズ・コール弁護士について、米司法副長官を務めた経歴があり、利益相反が生じると主張。弁護人を変える必要があると訴えている。

検察当局は、コール氏が関連する調査で米政府の代表を務めたと説明しているが、詳細は明らかにしていない。

ファーウェイは検察当局の訴えを不服とし、具体的にどのような理由で弁護士の交代を求めるのか情報を開示するよう求めている。

検察当局は「こうした利益相反は前例がない」と主張。「機密情報を知る元代表」が自国政府の調査対象だった企業の弁護士を務めた例は過去にないと訴えている。

ファーウェイはコメントを控えている。コール氏のコメントはとれていない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    体操内村の偽陽性報道 医師異論

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  3. 3

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  6. 6

    橋下氏「毎日新聞は公選法違反」

    橋下徹

  7. 7

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  8. 8

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  9. 9

    今年も渋ハロ 目だった鬼滅コス

    文春オンライン

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。