記事

丸山穂高氏の弁明書は、衆議院に対する抗戦宣言でしかない

多分どなたかと相談してこの弁明書を出したのだと思うが、衆議院議員としての反省や謝罪の念がおよそ伝わって来ず、こういう場合の対応としては拙劣と言わざるを得ない。

これでは、自民党の議運の方々が怒り心頭になってしまうのは止むを得ない。

世の中には他人のアドバイスに一向に耳を貸さない人がいることはいるが、選挙に出る人は大体は頭を下げるのが上手な人だ。

丸刈穂高くらいでいいんじゃないか、とアゴラの編集長が書かれており、私もその意見に賛同したのだが、何の役にも立たなかったようだ。

今でも、丸刈りにでもされたらよかったのにと思うが、唯我独尊の人には通じなかったのだろう。

弁明書は書き方次第では、それなりに役に立つのだが、この弁明書は周りの人を怒らせるだけである。

うーん、大変な勘違いをしているようだ。

まだ、若いのに。

あわせて読みたい

「丸山穂高」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。