記事

若手社員の半数「GW中に転職を意識」 転職を考えた人は連休中に平均10.9万円も出費

若手社員の半数「GW中に転職を意識」
若手社員の半数「GW中に転職を意識」

カレンダー通りだと10連休だった今年のゴールデンウィーク。ブラッシュアップ・ジャパンは6月4日、「若手社員のゴールデンウィークにまつわる実態と転職意向に関する調査」の結果を発表した。調査は今年5月にネット上で実施し、22~25歳の会社員男女400人から回答を得た。

連休中、誰と一緒に過ごしたかを聞くと、1位は「父親・母親」(59.8%)で、したことは「買い物に行く」(46.3%)が最多となった。また、連休中に話した内容最も多かったのは「仕事の話」(58.3%)となった。

連休中に「同じ職場の人」と話した人は転職意向が高くなる傾向

連休中に、転職について「とても考えた」(16.0%)、「少しは考えた」(28.8%)と回答した人の合計は44.8%となった。そのうち「ゴールデンウィーク前に仕事を残していた」という人は45.3%で、転職を考えなかった人(22.6%)を22.7ポイント上回った。

また、転職を考えた人の中で、自身を「意識が高い」と回答した人は46.9%だったのに対し、転職を考えなかった人は26.7%となった。自身を「意識が高い」と考えている人ほど転職意向が高い傾向となった。

転職を考えた人が連休中に「誰と過ごしたか」「何の話をしたか」を見ると、最も多かったのは「"同じ職場の人"と"仕事の話"」(42.9%)で、以降、「"祖父母"と"仕事の話"」(37.9%)、「"同じ職場の人"と"思い出話"」(22.9%)と続く。

1位と3位に「同じ職場の人」がランクインしており、同社は「同じ職場の人との会話は転職意向に起因する傾向にあると言えます」とコメントしている。2位の「祖父母」については、帰省などで交流して自身のキャリアを見つめるきっかけとなった若手社員が多かったのは、としている。

連休中に「同僚」とランチをした人は、転職を考える人が増える?

また、転職を考えた人は、連休前の1か月間に「会社の人とランチした」が87.7%となった。一方、転職を考えなかった人は67.9%。同社は「会社の外で『社内の人』とランチをした人ほど転職意向が高い傾向」としている。

特に、「同僚」とランチをした人で転職を考えた人は21.8%で、転職を考えなかった人(10%)を大きく上回った。

連休中に使用した金額を聞くと、転職を考えた人の平均使用額は10.9万円で、転職を考えていない人(4.2万円)に比べ約2倍の出費があることが分かった。

あわせて読みたい

「新入社員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  2. 2

    文氏「日本の指摘は重大な挑戦」

    ロイター

  3. 3

    米国に泣きつく韓国の告げ口外交

    WEDGE Infinity

  4. 4

    「選挙行くな」動画に悪質との声

    女性自身

  5. 5

    香水許せぬ 極端に不寛容な日本

    PRESIDENT Online

  6. 6

    文在寅氏に向きだす韓国民の怒り

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    自民議員 TV局のTweet謝罪に苦言

    和田政宗

  8. 8

    利用者混乱させる日本の電子決済

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ドトールがスタバに勝る食品の質

    内藤忍

  10. 10

    新聞はこれから生き残れるのか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。