記事

役員会後 二階幹事長記者会見

2/2


テレビ朝日です。県連にその覚悟があれば二人擁立するということも容認できるということでしょうか。


当然二人擁立すべきです。二つ議席があるのに与党が一つにしか候補者を出せないというそんなことはありません、ありませんしあってはならない。


北海道新聞です。先程から選手交代という言葉を強調されております。具体的にどこかは言い難いですが、そこに該当されるような選手交代を念頭に置いている選挙区はあるんでしょうか。


今は皆一生懸命頑張っておりますから、今直ちに交代させなければいけないところは頭にも浮かんでおりませんし、私の手元にもそういう意見はありません。しかし、こう申し上げておくことによってですね、各県連がうちの候補はこのままで良いかということを一瞬立ち止まって考える、それぐらいのこと。まだ日があるんですから。

決めたんだからしょうがないというやり方は駄目だと。それから候補者自身がね、やっぱりそういうことのご批判やご意見が集中して来ないように全力を尽くして頑張る。それは本人の当落なんていう問題では無いんです。日本の国の政治がどっちの方向に行くかということを決める重大な選挙。それぞれの議席というものの重みというものを考えれば、身の引き締まる思いであるはずですよ。

もっと言えば、私で良いんだろうかというぐらいの反省を皆が持たければ駄目ですよね。われわれも衆議院の公認をいただく立場でありますが、やっぱりこのことに対して本当に身の引き締まる思いですよ。自分一人なら、それはなんかの事情で負けたってしょうがない。だけど、党の公認をもらった以上は、そういうことはあってはならないというかね。ヘッドスライディングで行けということを私は言うんですが、われわれ自らもヘッドスライディングをしたつもりで、セーフかアウトかは後で分かる。始めから楽々セーフだというような選挙なんかあるわけが無い。選挙というのはそんな厳しいものですよね。皆さんは色んな立場から、高い見地からご覧になっているだろうけども、選挙というのは本当に厳しいものです。そのことを、住民な皆さんのご支援で勝ち抜いて来るからこそ、われわれはその人に対して敬意を払う。こういうことになるわけです。


時事通信です。東京都連の方で、支部長・常任総務合同会議という都連内の代表者を集めた大きい会議がございました。そこで来年の都知事選挙の候補者選考委員会が立ち上がりました。以前から早期の対応を求めておりましたが、このことについてどう受け止めておられますか。


皆さんは東京都連に候補者の選考委員会が立ち上がったということをニュースとして受け止めておられるかもしれません。そんなことは当たり前のことじゃないですか。遅きに失したとは言いませんが、早いわけではありませんよね。そんなことはもっと前からやらなければいけない。三年前からやってなきゃいけない。だから、これもまだ間に合うわけですから、しっかりやっていただきたい。健闘を祈りたいと思う気持ちです。


時事通信です。幹事長は現状、小池都知事の姿勢を評価されておりますが、都連の候補者選考の対象として小池知事も選考すべきとお考えでしょうか。


そういうことは都連が考えることです。都連が考えて判断することであって、47都道府県連それぞれの県連の仕事に、私が一々家庭教師みたいなことを言って回れますか。自分らで判断しなさい。


読売新聞です。幹事長はかねがね、小池都知事が出馬を決断すれば支援するのは当たり前というお考えを示されております。その気持ちに変わりは無いという理解でよろしいでしょうか。


私は党の人間ですからね。東京都連がこれからどういうことをなさるか良く検討して、その結果を見てまた次のステップを考えていけば良い。私はそんな頑なな考えを持っているわけではありません。しかし候補者を立てる場合に、現職の小池知事に候補者を立てるなら勝てる人を立てなきゃ。


NHKです。国会の会期に関連して、今のところ法案の審議はこれまで順調に進んできております。延長の必要性についてはどうお考えですか。


これはわが党の優秀な国対が考え、国対が相談した結果、またわれわれのところに相談を持ちかけて来るでしょうから。その段階で判断をしたいと思っております。


毎日新聞です。都知事選挙について、オリンピックの前で非常に難しい時期にあたります。小池都知事が出馬されれば応援すると考えを示されておりますが、直前ということでやはり難しい戦いになるということで、そういう考えはありますでしょうか。


難しいというのはね、言い換えれば忙しい戦いになる。こっちで知事選挙やらなきゃいかん、こっちでオリンピックをやらなきゃいかん。東京都は能力がありますよ、東京都民の皆さんも確かにそういう面ではすぐれておるだろうと思いますが、それを二つ一時に、別々ならこれは可能性がありますが、一時に重要なことを二つやらなければいけないというのは大変なことですね、ということです。後は、都民の皆さんと東京都連の皆さんが考えることです。

あわせて読みたい

「参議院」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  9. 9

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

  10. 10

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。