記事

敢闘賞力士・志摩ノ海 スナックで「夜のぶつかり稽古」写真

笑顔のすくい投げ?(右は部屋の後輩力士)

大相撲夏場所で初三賞となる敢闘賞を受賞した志摩ノ海(共同通信社)

 焼酎ボトルやワイングラスが乱雑に並んだテーブルに横たわる女性と、その体に両手を回し、ベタベタと触る体格の良い3人の男たち──。真ん中に座り楽しそうにしているのは、夏場所で新入幕ながら敢闘賞の活躍を見せた前頭・志摩ノ海(29)だ。

 この光景が収められた“プライベート写真”が流出し、物議を醸しているという。写真を入手した角界関係者が言う。

「夏場所前の4月中旬に都内のスナックで開かれた飲み会で、ある相撲ファンの女性が撮影した写真です。この日、女性は知人らに“十両優勝した力士と会うの”と連絡していたようで、飲み屋でハメを外す志摩ノ海らを撮影、悪気はなくSNSに載せたようです。現在は削除されていますが、それが関係者などに広まっている状態です。

 志摩ノ海らは、力士規定で外出時は着物か浴衣を着ることが義務づけられているにもかかわらず、ラフなTシャツ姿です。それで“乱痴気騒ぎで記念撮影とは気が緩んでいるのではないか”と心配されているのです」

 協会関係者が敏感になるのは、志摩ノ海が今年うなぎ上りの活躍を見せた有望力士だからである。

 幕下だった2013年に左膝前十字靭帯断裂の大けがをし、5場所連続全休で序ノ口まで陥落するも、3年かけて十両に昇進。今年になって一気にブレイクした。

「今年の初場所で十両優勝すると、春場所も連続十両優勝。大けがを乗り越えて7年かけての新入幕に、かなり舞い上がっていたようです。優勝した朝乃山は近大相撲部の後輩で、今後ライバルとして期待される存在だけに気を引き締めてほしい」(出羽海一門の若手親方)

 所属する木瀬部屋に写真について確認を求めたが、期限までに回答はなかった。誰かを転がして注目されるのは、土俵の上だけで。

※週刊ポスト2019年6月14日号

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  3. 3

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  4. 4

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  5. 5

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  6. 6

    法に背く吉本 政府は取引やめよ

    郷原信郎

  7. 7

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  8. 8

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  9. 9

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  10. 10

    安易な「独裁」批判に潜む落し穴

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。