記事

米反トラスト法当局、アマゾンとグーグルの担当分け決定=米紙


[2日 ロイター] - 米国の反トラスト法(独占禁止法)当局がアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>とアルファベット傘下グーグル<GOOGL.O>の監督役について、連邦取引委員会(FTC)がアマゾン、司法省がグーグルという担当分けを決めた。1日付の米紙ワシントン・ポストが報じた。

同紙によると、アマゾンはFTCが担当することで、一段と厳しい監督下に置かれる可能性がある。

FTCと司法省はひそかにアマゾンとグーグルに関する競争状況の監督役を分ける方向で話し合ってきたという。FTCのアマゾンに対する方針やグーグルに関する司法省の関心は明らかではないと報じている。

ロイターなどのメディアは5月末に、米司法省がグーグルのオンライン事業の運営が反トラスト法に抵触していないか調査する準備を進めていると報じていた。

グーグルは報道についてノーコメントと応じた。アマゾン、FTC、司法省からコメントは得られていない。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベトナムで低下が進む「親日度」

    WEDGE Infinity

  2. 2

    Amazonと違う楽天の「送料無料」

    自由人

  3. 3

    山本太郎氏を利用する立民に呆れ

    田中龍作

  4. 4

    クロ現のプレゼン特集は「最悪」

    メディアゴン

  5. 5

    よしのり氏 ヤジ糾弾は魔女狩り

    小林よしのり

  6. 6

    韓国客減る対馬 土地買収は続く

    NEWSポストセブン

  7. 7

    芸能人不倫叩きに感じる恐ろしさ

    いいんちょ

  8. 8

    迎撃魚雷の実用化が進まない背景

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    自民のヤジ 謝罪要求は筋違いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    政権狙う維新に「保守名乗るな」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。