記事

モンスター・井上尚弥への〝批判〟が驚くほどに的外れな理由 - 新田日明 (スポーツライター)

同じメディアに生きる人間としても、さすがに頭の中が「?」でいっぱいになった。一部メディアが1日付でボクシングのWBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥の快進撃を皮肉る記事を掲載。「井上尚弥『強すぎて試合が面白くない』『キャラ立ちしてない』意外な弱点」と題して「ボクシングライター」と名乗る人物が日本の誇る王者を誹謗中傷まがいに、これでもかとばかりディスった。

同記事の中で前出の人物が「強すぎて試合がすぐに終わってしまい面白くない。王者になっても弱い相手ばかり選んで防衛を重ねる輩がいますが、ボクシングを知らない人には尚弥もそう見てしまう」と論評。さらに「話がつまらない」とコメントにまで難クセをつけ、挙句の果てには地の文で「名前も地味」と断じていた。

この記事は逆の意味で大きな波紋を呼び起こしている。ボクシングファンも含めたネットユーザー、そして当の本人からも猛烈な反発を食らったのだ。井上本人が同日付のツイッターで、この記事をシェアしながら「失礼な記事だな。。親が付けた名前に地味だなんて記事にする必要はありますか?」と怒りを投げかけていたが、ごもっともである。同記事の結びで「輪をかけて地味」とぶった斬られたWBC世界バンタム級暫定王者で実弟の井上拓真も「失礼極まりない」と兄に同調し、明らかにブチ切れモードだった。

筆者を含めボクシングの取材をしているメディア関係者の間でも井上の快進撃は大きな興味の的であり、重要なキラーコンテンツだ。だからこそ、ここに至るまでパーフェクトの強さを見せ続けている〝モンスター〟の戦いぶりと振る舞いにイチャモンをつけるような話など聞いたこともない。

「ボクシングを知らない人に試合時間が短すぎて試合が面白くないと思われては困る」といった余りにも曲がりすぎた見方をする声など論外である。無論、この記事に関しては多くのボクシング関係者も「井上はあれだけの功績を残して頑張っているのに余りにも酷い。何とかならないか」とおかんむりだった。

井上はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメントに参戦中。WBA、WBC、IBF、WBOの4団体がひしめき合うボクシング界において誰が階級最強なのかを決めるトーナメント戦で、ついに決勝へと駒を進めた。先日、英国グラスゴーのSSEハイドロで行われた準決勝ではIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下し、2冠王者に輝いたばかりだ。 

[画像をブログで見る]

準決勝の相手だった〝カリブの至宝〟ロドリゲスはここまで19戦全勝(12KO)。戦前は難敵として「長期戦」も予想されていたが、それを覆しての2R圧勝劇には誰もが酔いしれたであろう。そして、この一戦では短い時間の中でも非常にスリリングな攻防が見られた。1Rからいきなり多彩なコンビネーションで仕掛けてきた相手に対し、やや押し込まれながら井上が受けに回るレアな場面もあった。

それでも2Rでは開始と同時に立て直し、あっと言う間に修正。本物同士のハイレベルなチャンピオンシップを制した井上は、これ以上ない強烈なインパクトを与えて勝ち名乗りを上げた。バンタム級への転向後はすべて2R以内でケリをつけ、戦績も18戦全勝(16KO)とし〝モンスター〟の異名を世界中に轟かせている。

それでいて井上のことを「王者になっても弱い相手ばかり選んで防衛を重ねる輩」と見る「ボクシングを知らない人」って…。一体、どのような人たちのことなのだろうか。前出の「ボクシングライター」に、ぜひとも聞いてみたい。

ちなみに、このWBSSバンタム級トーナメント準決勝を中継したフジテレビ系列の「ボクシング井上尚弥WBSS準決勝グラスゴー衝撃KOなるか!?」は先月19日の午後9時から録画放映され、平均視聴率は10・3%(以下ビデオリサーチ社調べ、関東地区)だった。フジテレビの同時間帯は前4週の平均視聴率が5・5%で、実に4・8%も跳ね上がったことになる。関西地区の放映では13・5%をマークしており、同地区の前4週平均が5・1%だったことから8・4%ものジャンプアップだ。

しかもロンドンの会場で試合開始のゴングから井上が決着をつけたのは日本時間で同日の午前5時20分。結果が判明してから16時間近く経っているにもかかわらず、オンタイムでなくでも視聴者が非常に高い関心を寄せていたことを証明した格好だ。早朝から試合をライブ中継したWOWOW、そしてフジテレビの関係者たちが「日本が誇るボクシング界のスーパースター・井上選手は実に素晴らしい戦いをしてくれました」などと興奮気味に語っていた賞賛の言葉を筆者も実際に複数回耳にしている。

もちろん日本だけではない。海外でも一気に名声を高めている井上は先月21日、また快挙を成し遂げた。ボクシング界で最も権威を持つ米専門誌「リング・マガジン」が全17階級を格付けしたランキング「パウンド・フォー・パウンド」最新版を同日に発表し、自己最高の4位へと上がった。

プロボクシングで体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したPFPで、軽量級の日本人選手が世界のトップファイターも夢見るトップ3入りへ目前となった意味合いはとてつもなく大きい。そして、この「リング・マガジン」からは階級最強の証とされる同誌認定のバンタム級チャンピオンベルトも授与されている。

しかも井上はWBA&IBF世界バンタム級ベルトを手にし、これまでWBC世界ライトフライ級、WBO世界スーパーフライ級の両王者にも輝いている。主要4団体で王者となったのは日本人初の快挙だ。

その流れに呼応するように井上にはトップランク社CEOで世界的プロモーターのボブ・アラム氏、マッチルーム・スポルト社を経営する英国人大物プロモーターのエディ・ハーン氏が契約に名乗りを上げ、争奪戦がぼっ発しそうな気配となっている。

〝地球レベル〟で人々の脳裏にインプットされたイノウエの名前

大物が集うWBSSで負ければ多くを失うリスクもある中、決勝に勝ち上がった。その無類の強さには日本だけでなく世界中の人々も魅了されている。そして史上最強への階段を瞬く間に駆け上がる日本人強拳ボクサーとして「井上尚弥=ナオヤ・イノウエ」の名も〝地球レベル〟で人々の脳裏にインプットされた。これでも名前が「地味」だなんて、もう何をか言わんやである。加えてリアルファイターにコメントの面白みがうんぬんなどという指摘も的外れであり、詭弁だ。

WBSS決勝の相手は、5階級制覇を成し遂げたWBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)。同決勝の期日と場所は未定だが、ぜひ圧倒的強さを見せて超大物も打ち砕き、大会優勝者に贈られる「モハメド・アリ・トロフィー」を手にしてほしい。つまらぬ外野の論評にも致命的なダメージを与え〝KO〟してくれることを切に願うばかりだ。

あわせて読みたい

「ボクシング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  5. 5

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  6. 6

    スポーツ論じて滑るTBSサンモニ

    メディアゴン

  7. 7

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

  8. 8

    チュート徳井が謝罪「私の怠慢」

    AbemaTIMES

  9. 9

    皇位継承に養子案と旧宮家復帰案

    長尾敬

  10. 10

    天皇制は選挙方式にすれば合理的

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。