記事

【ネットスーパー】、ウォルマートがアマゾン超え!アマゾン&ライフで起こる変化とは?


■アマゾンがホールフーズを買収して2年が過ぎようとしている。ゲームチェンジャーとなる世紀の買収に反応したのはスーパーなどの競合チェーンストアだ。ネットスーパーに乗り出す食品スーパーが続くことになった。

特にウォルマートは実店舗を生かしたオムニチャネル展開で全方位型に客を取り込んでいる。そこで気になるのはネットスーパーの評判だ。どの企業のネットスーパーが最も評判が良いのか?それが明らかになっている。

 調査会社コアサイト・リサーチによると、過去1年でネットスーパーを利用して生鮮品等を宅配してもらった消費者は36.8%にも上っている。昨年の調査では23.1%だったことから、ネットスーパーの利用者数は1年間で約3,500万人も増えた計算になる。

ただ、大半となる72.4%は少額での出費となっており、多額に買い物する11.8%は数字で明らかなようにまだ少数ということだ。

ダントツとなるのはアマゾンで62.5%の人が食料品をアマゾンから購入しているという。

一方、金額ベースでみるとアマゾンはウォルマートやターゲット、クローガーに比べて客単価が少なくなっているのだ。

宅配サービスを拡大しているウォルマートではカスタマーベースも増えており、昨年の25.5%の利用から37.4%に広がっている。

ウォルマートのネットスーパーでのプレゼンス拡大は単に物理的に利用を推し進めただけではない。アマゾンに比べてネットスーパーで利用者受けがいいのだ。

シティバンクが最近行った調査によると、最も多く利用されたネットスーパーはアマゾンだった。過去1年間、食料品を購入したオンラインストアのシェアではアマゾンが24.6%となったのだ。

次いでウォルマートの22.5%、ターゲットの10.3%、クローガーの8.0%となっており、コストコ(5.9%)、サムズクラブ(5.8%)、ホールフーズ(5.5%)、その他(17.5%)の順となっている。

シティの調査でもネットスーパーではアマゾンのシェアがトップとなっている、

その一方、利用者の評価を聞くとウォルマートがアマゾンを上回る。最良のネットスーパーではウォルマートが29%となりアマゾンの25%を凌駕する。出店を控えIT投資に積極的なウォルマートが、ネットスーパーでアマゾン以上の評価となっているのは特筆に値することだ。

興味深いのは両社が他のチェーンを引き離していることだ。最良のネットスーパーで3位になったのは「地域のスーパー(Local Supermarket)」で11%となり、それ続いてクローガー(8%)、ターゲット(6%)、サムズクラブ(4%)、ホールフーズ(4%)、コストコ(4%)、ストップ&ショップ(3%)、BJホールセール(1%)と一桁台にとどまる団子状態となっているのだ。


 これから多くのチェーンがネットスーパーにさらなる投資をしていくことが考えられ、そうなると利用者からの評価も大きく変わってくるだろう。マーケットが急拡大していることで、ネットスーパーの戦国時代が早くも到来する。


シティバンクが最近行った調査によると、最も多く利用されたネットスーパーはアマゾンだ。過去1年間、食料品を購入したオンラインストアのシェアではアマゾンが24.6%となった。次いでウォルマートの22.5%、ターゲットの10.3%、クローガーの8.0%となっており、コストコ(5.9%)、サムズクラブ(5.8%)、ホールフーズ(5.5%)、その他(17.5%)の順となっている。


利用者の評価を聞くとウォルマートがアマゾンを上回る。最良のネットスーパーではウォルマートが29%となりアマゾンの25%を凌駕する。出店を控えIT投資に積極的なウォルマートが、ネットスーパーでアマゾン以上の評価となっている。最良のネットスーパーで3位になったのは「地域のスーパー(Local Supermarket)」で11%となり、それ続いてクローガー(8%)、ターゲット(6%)、サムズクラブ(4%)、ホールフーズ(4%)、コストコ(4%)、ストップ&ショップ(3%)、BJホールセール(1%)と一桁台にとどまる団子状態となっている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。アマゾンジャパンとライフコーポレーションが協業を発表しました。この協業で期待されるのは競合の動きです。「利用者が少ない」「儲からない」などを言い訳にネットスーパー展開で静観視していた競合スーパーも動かないわけにはいきません。アマゾン&ライフ同盟と同じリングに大手の競合チェーンが上がってきます。日本では高齢ドライバーによる事故もあり、ネットスーパーを利用する方も増える土壌となっています。

こういったことでネットスーパーのマーケットが拡大します。マーケットの拡大が競合店の参入を誘発し、ネットスーパーの利便性に気付いた消費者が口コミで仲間を増やします。右に倣えの国民性から日本は動き出すと早い!様々な否定的な意見をよそに、勢いに乗ってネットスーパーはキャズム(イノベーティブな製品・サービスが世の中に出ようとするとき、最初の市場とそのあとに続く大きな市場との間にある大きな溝のこと)を飛び越えます。

⇒ネットスーパーに参入する小売店が増えると、日本の流通でもやっとインストア・アプリの重要性に気付くことになります。なぜならばネットスーパーの売り場がアプリになるからです。ネットスーパー利用者が急増しているときにリアル店舗の売り場の見せ方を工夫しても売上は上がりません。ネットスーパーの売上を上げるには、利用者が使うアプリ機能がクリティカルになるのです。アプリはネットスーパーの売上増だけではありません。リアル店舗の集客ツールにもなるから肝要なんですね。

アマゾンとライフの協業でネットスーパーの隆盛を期待する人は多いですが、アプリの重要性を指摘する方は後藤以外にいません。ところで当社の新規クライアントで最も多いのは実はIT企業とコンサルタント系です。最新情報に敏感で未来予想に長けている企業が後藤のコンサルティングを受けているのです。当社のIT&オムニチャネル・ワークショップを通じてインストア・アプリの大切さを文字通り身をもって学ぶことになります。

ウォルマートのネットスーパーの評価がアマゾンを超えています。なぜかを解き明かすのが後藤のコンサルティングでありワークショップなんです。

あわせて読みたい

「ウォルマート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  2. 2

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  3. 3

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    天皇燃やした? 映像制作者を直撃

    篠田博之

  5. 5

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  6. 6

    3位に日本 好みに影響を与えた国

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

  7. 7

    よしのり氏 北巡る米発言に怒り

    小林よしのり

  8. 8

    ヒグマ駆除に抗議する人の身勝手

    鈴木宗男

  9. 9

    田中角栄が頼った「最強ヤクザ」

    NEWSポストセブン

  10. 10

    他人を褒めなかった瀧本哲史さん

    宮崎タケシ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。