記事

安倍首相7月に「電撃訪朝」か トランプ氏に背中を押される

護衛艦「かが」を視察したトランプ米大統領(左)と安倍首相(共同通信社)

金正恩氏と会うのは7月か(共同通信社)

 安倍首相が7月に電撃訪朝する──。トランプ米大統領の帰国後、政府内でそんな見方が急浮上している。

【写真】金正恩氏と会うのは7月か

 トランプ氏が滞在した3泊4日の間、日本政府の怒濤の接待攻勢は、海外メディアを「トランプ氏との付き合い方の手本を世界に示してきた」(AFP通信)と驚かせた。ゴルフや大相撲での大統領杯授与、2日にわたって首相が大統領と炉端焼きなど朝昼晩三度の食事を一緒にするというもてなしだけではない。

 トランプ氏は安倍首相とともに米国大統領として初めて海上自衛隊の護衛艦「かが」に乗り込み、自衛隊員と米軍兵士を前に演説した。「かが」は米国から購入するF35B戦闘機を搭載可能な空母への改修が予定されている最新鋭艦だ。

「日本は同盟国でも最大規模のF35戦闘機群を持つことになる。この護衛艦は最新鋭の航空機を搭載できるようアップグレードされる」

 まさに日米軍事同盟強化のシンボルだとアピールしたのだ。

◆トランプが悪口を“言わない”2人

 さらに見落とせないのは、トランプ氏が過密日程の中で拉致被害者家族15人と迎賓館で面会し、横田めぐみさんの母・早紀江さんに、「(めぐみさんと)きっと会えるよ」と語ったことだ。

 その直後に行なわれた共同記者会見で首脳2人は息の合ったところを見せた。

 安倍首相が「次は私自身が金正恩委員長と条件を付けずに会い、虚心坦懐に話をしたい」と日朝首脳会談への意欲を語ると、トランプ氏も、「拉致問題が首相にとって最優先課題なのはわかっている。米国は拉致被害者を帰国させるための日本の努力を支援する」と応じたからだ。

 いまや安倍首相と金正恩氏は、「トランプ氏が世界でたった2人だけツイッターに悪口を書かない指導者」と言われるほど“信頼”を置かれている。そのトランプ氏に「金正恩との仲介の労を執る」と言われては安倍首相も退けなくなった。

 しかし、安倍首相が「無条件で」と会談実現のハードルを下げたのとは反対に、北朝鮮の朝鮮中央通信は大統領来日中も、「安倍一味こそ最も破廉恥で悪辣極まりないペテンと謀略の名手だ」(5月26日)と批判し、“拉致はでっちあげ”とのトンデモ主張を繰り返している。

 トランプ氏に背中を押されたとはいえ、従来の強硬姿勢とはうってかわって日朝首脳会談に前のめりに見える安倍首相の外交姿勢は危いのではないか。外務省OBに、「外交のプロ」の視点から語ってもらった。

 まず元駐韓大使で外交経済評論家の武藤正敏氏がトランプ氏の狙いと安倍首相の心理状態を分析する。

「トランプ大統領は2月のベトナムでの米朝首脳会談で金正恩に“拉致問題で安倍首相と話し合うべき”と2回伝え、2回目には金正恩も“話し合う用意がある”と言ったわけです。トランプ大統領がなぜそこまでやってくれたか。一つは親しい安倍首相に頼まれて、オレはちゃんと伝えたよというところを見せたかった。

 もうひとつは、アメリカは北朝鮮に非核化を促してもカネを出すつもりはない。日本の経済支援をちらつかせることで北朝鮮の気持ちを開かせたい。そのために安倍首相と金正恩を直接会談させることで、非核化すれば日本はこれだけカネを出してくれるということを示したい。

 そうした外交意図が見えるにせよ、トランプ大統領は日本のためにそこまでやってくれたのだから、安倍首相はトランプ大統領への感謝、拉致家族への誠意という意味でも“次は自分が”というのは当然のことでしょう。

 自分で努力して金正恩と会わざるを得ない。これは外交的駆け引き以前の人間の信頼関係の問題です。安倍首相が無条件で会うと言ったのはそのためでしょう」

 トランプ流の“義理と人情と外交的打算”で「会ってみろよ」と言われ、安倍首相はがんじがらめにされてしまったという見方だ。

※週刊ポスト2019年6月14日号

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    よしのり氏 れいわの政策に納得

    小林よしのり

  4. 4

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  5. 5

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  6. 6

    「民主主義の危機」は本当なのか

    村上 隆則

  7. 7

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  8. 8

    若者が選挙に行くほど自民が圧勝

    永江一石

  9. 9

    年50万円かけ実験 クレカ選択術

    内藤忍

  10. 10

    望月氏が安倍首相の歴史観を分析

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。