記事

自衛隊はこうして“抑止力”から“実際に武器を使用する時代”へと移行した NHK「平成史スクープドキュメント」が明かした“変貌”の意味 - 片山 厚志

1/2

 去年末、海上自衛隊の公式ツイッターのフォロワーがわずか一晩で7000人増えるという出来事が起きた。投稿の内容は以下のものだった。

【Twitter】話題を呼んだ海上自衛隊のツイート

「2018年も間もなく終わりですね。

 今年も一年間、海上自衛隊にご理解を頂きありがとうございました。

 海上自衛隊は日夜、日本周辺海域の警戒監視を実施していますので、安心して新年をお迎えください」

 多くのツイッターユーザーを惹きつけたのは、そこに添えられていた1枚の写真だった。この直前に、韓国軍によるレーダー照射を受けたとされるP1哨戒機。日韓の対立が深まる中でのこの投稿に、肯定的なコメント、というには過激ともいえるコメントが殺到した。

「これは強烈なメッセージですね」

「ガンガンやっちゃってください!」

「強気で嬉しい!」

 この投稿を行った海上自衛隊広報室の担当者は、こう強調した。

「いわゆる、バズったという状態になりましたが、決して政治的な意図はありません」

 なぜ、P1哨戒機の写真なのか。「年末の挨拶には飛行機の写真を、年始の挨拶には艦船の写真を添えよう、と以前から決めていたものです」と説明する。

 担当者はツイッターやフェイスブックといったSNSというツールを使って、国民とより直接つながることを重視し、そこから聞こえてくる声に耳を澄ませているということもあわせて強調した。

「私たちの投稿に対して、国民の皆様から頂く言葉というのは、基本的に、激励の言葉がほとんどです。現場の隊員にとってそれは、とても励みになっています」


韓国海軍の艦艇からレーダー照射を受けたとされるP1哨戒機の同型機(出典:海上自衛隊ホームページ)

自衛隊と国民の関係が大きく変化した平成の30年

 戦争放棄を掲げる憲法の下で発足した自衛隊。その歴史は、国民にいかに受けいれられるか、模索を続けた歴史だったとも言える。先の大戦の反省から旧軍と一線を画す形で発足した自衛隊は、農村での田植えの手伝いや、地域の祭への参加などを繰り返し、国民のひろい支持を得ようと努めてきた。そして、“本来業務”の防衛の面においては、長くソ連を念頭においた“訓練”を続けてきた。

 ところが、平成元年に冷戦が終結すると自衛隊を取り巻く状況も大きく変化していく。“ソ連の脅威”が消滅すると同時に、活発化した北朝鮮の軍事的挑発に直面。イラク戦争の直後には、事実上の“戦地”にまで活動の幅を広げることとなった。変化し続ける安全保障環境に脅威を感じる国民も増えている。

 自衛隊にとって平成とは、“抑止力として存在していれば良かった時代”から“実際に武器を使用する時代”へと移行していく30年となった。そして、それにともなって、自衛隊と国民の関係もまた大きく変化していくことになる。

 今回、私たちが「平成史スクープドキュメント」で取材をし、考察したことのひとつはこの「国民と自衛隊」の関係の変化とその意味だった。これまで脈々と取材を続けてきたNHK社会部の防衛担当チームとともに、平成の時代に自衛隊を率いた幹部たちに、とにかく話を聞いて回るという地道な取材を開始した。

初の武器使用で"国民の声"を強く意識した自衛隊

“実際に武器を使用する時代”の嚆矢となったのが、能登半島沖不審船事件だ。

 1999年3月、能登半島沖の領海内に2隻の不審船が発見される。船には、ロケットランチャーなどで武装した工作員が乗っていることが疑われていた。本来対応に当たるはずの海上保安庁の船は猛スピードで逃げる不審船から引き離されたため、海上自衛隊の船が対応にあたることになる。政府は自衛隊に対して武器使用を含む「海上警備行動」を発令。不審船を停船させ、日本の法令に従わせることが命じられた。

 当時六本木にあった防衛庁の長官室で事件の対応に当たっていた海上幕僚長・山本安正が、取材に応じた。山本は、当時の詳細な記録を残していた。

〈どの程度射撃をしたら国民が納得するのか、シビル(防衛官僚)に聞く。『12~3回の射撃で良いのではないか』とのこと〉

 そこに記されていたのは、国民の視線を強く意識しながら、抑制的に対応しようとする自衛隊の姿だった。

「武力をもった組織の宿命ですね。極端に走った歴史が過去にいろいろあるじゃないですか。そういうのが頭の中にあるんですよね、常に」

 ところが、不審船はこの警告射撃では止まらなかった。

不審船事件で露呈した国民の声の変化

 一歩対応を誤れば、国と国との軍事的な衝突に発展しかねない事態。この時想定していた最も強い措置は「砲による船体に向けた実弾射撃」だった。しかし山本は、これを最後まで実施しなかった。そしてその結果、不審船は逃亡した。

 歴史を踏まえ、国民の視線を意識して抑制的に対応した山本だったが、事件の後、直面したのは一部の国民の厳しい声だった。

「なぜ逃がした」

「税金泥棒」

 防衛庁・自衛隊宛に、大量にメールが届いたのだ。「税金泥棒」という罵声は、かつても自衛隊は浴びたことはあった。それは「自衛隊の存在自体が憲法違反だ」と指摘する声に付随することが殆どだった。しかし、不審船事件を経て、その「罵声」の意味するところは大きく変わっていた。

「『これだけ予算を付けて装備を与えているのに、何も出来ないのか』ということではないでしょうか。自衛隊の武力行使には大きな法的制約があるという、法体系などを理解している方ばかりじゃないですからね」

 そして、そのこと以上に山本が強調したのは、新聞やテレビなどを介さずに直接「世論」が届くようになったことに対する驚きと、おそれだった。

「もしかしたら、一夜で一変する世論かもしれない。だから怖い。時勢、時局に惑わされないということが、一番ですね、特に、力を持っている組織は」

 事態をエスカレートさせないために、自衛隊にはどのような役割を担わせるのか。90年代の末に起きた不審船事件があらわにしたのは、自衛隊に対する国民の要求に一部で変化が起き始めているということだった。

日米同盟の深化がもたらした専守防衛の“揺らぎ”

 日本は、国防の原則として「専守防衛」を掲げている。それは今も一貫しており、自衛隊はその下で必要最小限度の実力組織として国土の防衛に徹してきた。しかし2000年代に入ると、その原則に“揺らぎ”が見え始める。

 大きな契機となったのが、2001年のアメリカ同時多発テロだった。日本政府は直ちにアメリカへの支持と支援を表明。テロの10日後には、早くも横須賀を緊急出港したアメリカ軍の空母キティホークの前後を、自衛隊の2隻の艦艇で東京湾沖まで「護衛」するかのように随伴した。

 もしもこのときキティホークに攻撃が行われて自衛隊が対処すれば、日本が直接攻撃を受けていないにもかかわらず武力を行使することとなり、集団的自衛権の行使にあたる可能性があるとの批判の声も多くあがった。しかし政府はあくまで「警戒・監視」であり「護衛ではない」と説明した。

 実は、この動きには歴史的な伏線がある。この10年前に起こった湾岸戦争の際、日本は部隊派遣を見送ったことで、アメリカから激しい非難を浴び“トラウマ”化していた。

 そして、日本に対して“直接的”な支援を強く求めるアメリカに応えるべく生まれたのが、不審船事件の直後に成立した「周辺事態法」だった。日本が、直接攻撃されていない場合でも、「後方」であれば自衛隊はアメリカ軍の作戦に協力することが可能となったのだ。そして、同時多発テロが起こる。ある防衛庁(当時)の幹部は、当時の心境を次のように語っている。

「日本の安全はアメリカといっしょにやらないと確保できない、それはもう骨にしみて、骨の髄までそういう考え方は浸透していました」。

あわせて読みたい

「自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  2. 2

    「TV局は株主」吉本の癒着を暴露

    BLOGOS編集部

  3. 3

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  4. 4

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    男の愛撫は痛い SOD女性社員訴え

    AbemaTIMES

  6. 6

    宮迫への無神経質問に非難が殺到

    女性自身

  7. 7

    よしのり氏 山本太郎に投票した

    小林よしのり

  8. 8

    韓国の日本大使館突入に抗議せよ

    tenten99

  9. 9

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

  10. 10

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。