記事

オフショア・バランシング論の弱点:その1

今日の横浜北部はまたよく晴れました。朝晩がまだ涼しいのが救いですね。

さて、オフショア・バランシングについてまた一言。

トランプ政権が目指しているのかどうかはわかりませんが、そのやや撤退気味な姿勢から一つの可能性として見えてくる

「オフショア・バランシング」(offshore-balancing)

という大戦略レベルのオプションに対しては、当然ながらいくつかの説得力のある反論が存在します。

まず誰でも思いつくものが、

アメリカが撤退したら、その地域が不安定化する

というものです。そのネガティブな影響を強調するわけです。

その実例として使われるのが、なんといってもフィリピンにおける米軍のスービック海軍基地撤退です。

1991年フィリピン上院の判決を受けて駐留期間の更新を行わないことを決定されると、翌年後半までに米軍は完全に撤退することになるわけですが、その2年後にフィリピンが実効支配していたスプラトリー(南沙)諸島のミスチーフ礁に、中国が勝手に構造物を建造し、実効支配されて今に至っている事例ですね。

このような例を、リアリスト的な視点から

力の空白は埋められなければならないものだ

と見る意見もありますが、とにかくできた「空白」を誰が埋めるかで、その場所がモメる可能性が高くなるのは間違いないわけです。

もちろん中国側の動きや意図に気づいたアメリカがすばやくプレゼンスを戻しにくればよかったのかもしれませんし、同時期に撤退していたクラーク空軍基地の方は、2012年になってから米軍がようやく復帰しております。

いずれにせよアメリカのような国が、とりわけ戦略的に重要な地域において戦力を撤退させると、何が起こるかわかりません

そして国際政治において「予測がつかないこと」というのは、経済、とりわけマーケットなどにおいても、非常に嫌がられる要素であることは間違いありません。

このようなことを、2002年以降の国際金融用語では

「地政学リスク」(geopolitical risk)

などと呼んだりするわけです。

いずれにせよ、オフショア・バランシングのように

「米軍のような強力な国歌が戦力を(一時的にせよ)撤退させるのは、その派遣先の地域政治の安定性にとってはネガティブな影響が出やすい

という点が、OB論者たちの最大の弱点ということになります。

弱点はそれ以外にもいくつかありますが、時間もないので続きはまた明日。

(中心地)

あわせて読みたい

「米軍」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    理不尽に米国大使を批判する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    れいわが野党共闘を変える可能性

    田中龍作

  6. 6

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  7. 7

    Netflixがもたらした画期的な点

    ヒロ

  8. 8

    オリラジ中田を起用したNHKの罪

    文春オンライン

  9. 9

    東芝子会社 約200億円の架空取引

    AbemaTIMES

  10. 10

    ヘンリー夫妻独立に国民激怒の訳

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。