記事

トランプ大統領来日:緊密な日米同盟を確認

先週、アメリカのトランプ大統領御夫妻が令和初の国賓として来日しました。
天皇皇后両陛下のご即位後初の外国賓客との会見や日米首脳会談、拉致被害者御家族との面会、初の自衛隊艦船の訪問となる護衛艦「かが」への訪問など、三泊四日の日程を無事に終え、新たな時代における日米友好関係を内外に発信する、大変有意義な訪日となりました。

首脳会談では、新たな時代においても日米の揺るぎない絆を一層強化し、地域・国際社会の平和と繁栄を主導していくとの決意を確認しました。
北朝鮮情勢について、十分な時間をかけて方針のすり合わせを行い、日米の立場が完全に一致していることが確認されました。
拉致問題の解決に向け、条件を付けずに金正恩委員長と会って率直に虚心坦懐に話をしたいという安倍総理の姿勢に トランプ大統領からは全面的な支持が表明されました。
また、前回の訪日に続き、拉致被害者の御家族と面会いただきました。
私は総理の代理としての公務のために残念ながら同席できませんでしたが、拉致被害者の御家族お一人お一人のお話にトランプ大統領は大変熱心に耳を傾けられました。
拉致問題の一日も早い解決に向け日米で緊密に連携して取り組んで行くとの強い決意を確認できました。
経済については、日米ウィン・ウィンとなる形での早期の成果達成に向けて、日米の信頼関係に基づき議論を更に加速させることで一致しました。

帰国前に両首脳夫妻は海上自衛隊横須賀地区に停泊中の護衛艦「かが」を訪問しました。
現職の米国大統領が自衛隊艦船を訪問するのは初めてのことです。
また、自衛隊及び在日米軍の隊員に対して激励を行い、日米同盟の強固な絆及び日米が緊密に協力してインド太平洋地域の平和と繁栄に貢献していくことを確認しました。

また、通算5回目となるゴルフや相撲観戦、炉端焼きでの夕食会など、日米首脳は非常に多くの時間を共に過ごしました。

安倍政権発足以来、平和安全法制を始めとする同盟強化に資する取組や、首脳間の深い信頼関係により、日米同盟は史上かつてなく強固であり、今や日米同盟は、世界で最も緊密な同盟関係と言えるまでになりました。

引き続き緊密な日米関係を基軸に、地球儀を俯瞰する外交を展開してまいります。

あわせて読みたい

「日米首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「親日本」が韓国に与えた納得感

    WEDGE Infinity

  4. 4

    なぜ匿名? 二宮結婚報道の異常さ

    山下雄平

  5. 5

    日本と同じく滅びゆくアジアの国

    永江一石

  6. 6

    赤字のソフバンに厳しい海外報道

    飯田香織

  7. 7

    桜を見る会中止は利益相反の問題

    岩田健太郎

  8. 8

    桜を見る会 退陣論出ない不思議

    田中龍作

  9. 9

    桜を見る会は総選挙に影響するか

    やまもといちろう

  10. 10

    パレード翌日休む新聞の古い体質

    笹川陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。