記事

2つの首脳会議(メッカ)

メッカでは、アラブ首脳会議と、湾岸首脳会議、イスラム諸国会議首脳会議の3つの首脳会議が開かれることとなっていて、アラブ首脳会議については昨日その結果について報告したかと思いますが、残りの2つの会議も無事行われたようで、サウディ系のメディアはサウディのアラブ、湾岸における指導力が示されたと自賛しているようです

(少なくとも、これだけ多くの首脳を集めた首脳会議を、3つも立て続けに無事主催し、元気な顔?で集合写真にも写っているサルマン国王が…一時は老齢でまともに政務も取っていないとうわさされていた・・・元気であることは、証明された訳で、、当面サウディ国王の後継問題は後ろに下がったのではないか?その点、興味あることに、同じく危ないと言われていたイランのハメネイ最高指導者が元気なことと軌を一にしている。

まあ、湾岸、サウディの安定という観点からはサルマン国王が健康で元気であることは少なくとも皇太子の即位が遅れるだけでも好ましいいことと思われる)

それぞれの最終コミュニケ(申し訳ないが真面目に読んではいない)等では、イランの域内干渉に反対し、これに対してアラブ、イスラム、湾岸諸国が一致して毅然とした立場をとることを呼びかけ、もう一つの焦点のおパレスチナ問題では、エルサレムを首都とし、67年の境界線を基礎とするパレスチナ独立国家の樹立を支持するという従来のアラブ、イスラム諸国の立場を維持した模様です。

敢えて言えば、これだけ大掛かりで大げさな仕掛けで開かれた3首脳会議は、開かれたこと自体また参加者が意外にも?大物ぞろいであったことが重要で、改めてサウディの指導力を認識させた効果があったと言えるかと思いますが、実際の中東の国際関係では、既知の立場の再確認で、特に新しいこともなかったということかと思います。

但し、イランとの関係では、これだけ多くの国がイランに対する警戒を表明したことは、イランに対する抑止効果があるかもしれません。安倍総理のイラン訪問を前に一つの良い材料かもしれません。

但し、パレスチナ問題については、トランプが親イスラエルの立場から、「世紀の取引」を持ちまわっていることに対しては、(その取引の内容がわからないので、何とも言えないが)大きな制約をかけることとなったかも知れません。

その意味ではイスラエルの再選挙が9月に決まったことは世紀の取引発表の再延長、ひいてはうやむやのうちに屑籠に入れることができるようになったことで、ある意味では勿怪の幸いかもしれません。

https://www.aljazeera.net/news/politics/2019/5/31/القمة-الإسلامية-مكة-السعودية-إيران

https://www.alarabiya.net/ar/mecca-summits/2019/05/31/القمتان-الخليجية-والعربية-الطارئتان-ترفضان-تدخلات-ايران-بالمنطقة.html

https://aawsat.com/home/article/1748376/%D8%A7%D9%84%D9%85%D9%84%D9%83-%D8%B3%D9%84%D9%85%D8%A7%D9%86-%D9%86%D8%B1%D9%81%D8%B6-%D8%A7%D9%84%D9%85%D8%B3%D8%A7%D8%B3-%D8%A8%D8%A7%D9%84%D9%82%D8%AF%D8%B3-%D8%A7%D9%84%D8%B4%D8%B1%D9%8A%D9%81-%D9%88%D9%81%D9%84%D8%B3%D8%B7%D9%8A%D9%86-%D9%82%D8%B6%D9%8A%D8%AA%D9%86%D8%A7-%D8%A7%D9%84%D8%A3%D9%88%D9%84%D9%89

https://www.alquds.co.uk/%d9%82%d8%a7%d8%af%d8%a9-%d8%a7%d9%84%d8%a8%d9%84%d8%af%d8%a7%d9%86-%d8%a7%d9%84%d8%b9%d8%b1%d8%a8%d9%8a%d8%a9-%d9%8a%d9%86%d8%af%d8%af%d9%88%d9%86-%d8%a8%d8%a5%d9%8a%d8%b1%d8%a7%d9%86-%d9%88%d8%af/

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  2. 2

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  3. 3

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  4. 4

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  5. 5

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  6. 6

    のんびり残業派がもたらす害悪

    非国民通信

  7. 7

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  8. 8

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

  9. 9

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    柄本時生結婚 妊娠には触れるな

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。