記事

無差別殺傷を引き起こす絶望的孤独の正体

1/2

5月28日、川崎市多摩区のJR登戸駅近くで男が刃物を振り回し、小学6年の女児と外務省職員の男性の2人が死亡し、18人がけがをした。この事件で岩崎隆一容疑者(51)は、襲撃後、その場で自らの命も絶った。コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子氏は「事件の背景には『絶望的な孤独感』があったのではないか。日本は世界一孤独な国だ。そうした現状を考え直す必要がある」という―― 。

スクールバスのバス停に並んでいたカリタス小学校の子供ら20人が刺され死傷したJR登戸駅近くの現場付近(写真=AFP/時事通信フォト)

■世界一孤独な国・日本が「岩崎容疑者」を生んだのか

許しがたき凶行であり、悲劇だった。どんな理由にせよ、生い立ちにせよ、絶対に許されるべきではない凶悪犯罪。しかし、その犯人は責めを負うこともなく、罪を償うこともなく、身勝手に命を絶った。

5月28日、川崎市でスクールバスを待っていた小学生などが次々と包丁で刺され、2人が死亡、18人がけがをした。事件を起こしたのは川崎市麻生区に住む岩崎隆一容疑者(51)。小学生たちを刺したあと、自ら首を刺して自殺した。

行き場のない怒りをどこへぶつければいいのか、誰もが苦悶している。高齢者の自動車事故であれば、安全性をどう高められるのかを考える。アメリカで銃の乱射事件があれば、銃規制の議論が起きる。

しかし今回の場合、犯人の狂気以外、指弾すべき対象や問題があったのかはっきりしない。なぜ、こうしたことが起こったのか。防ぐ手だてはなかったのか。そう考えた時、議論してほしいテーマがある。

それは「孤独」である。

■社会から隔絶され徐々に精神が蝕まれていった

岩崎容疑者を追い詰めたもののひとつに「絶望的な孤独感」があったと思うからだ。51歳の彼は10代のころからひきこもり状態で、同居の伯父や伯母ともほとんどコミュニケーションがなかったと伝えられている。孤独だから犯罪に走るとか、孤独だったからとか言って、彼の行為が免責されることは断じてない。しかし、彼の精神は、社会から長期間にわたって隔絶されたことで、徐々に蝕まれていった側面もあるのではないか。

「孤独」は今、世界で「現代の伝染病」ともいわれる大問題である。都市化、過疎化、非婚化、少子化、高齢化などにより、「孤独」に苦しめられる人が増えており、これが社会的な問題として、海外では国家を挙げて対策が進められるようになっている。イギリスでは昨年2月、「孤独担当大臣」まで設置された。

アメリカ・ブリガムヤング大学のジュリアン・ホルトランスタッド教授(心理学)は2010年、「社会的なつながりを持たない人は、持つ人に比べて、早期死亡リスクが50%上昇する」と発表した。そして、孤独のリスクは、「一日タバコ15本吸うことに匹敵、アルコール依存症であることに匹敵、運動をしないことよりも高い、肥満の2倍高い」と結論付けている。

■慢性的な孤独下に置かれた人はストレス耐性が低くなる

孤独が心臓病、認知症といったあらゆる病気のリスクを大幅に高め、人間の心身を蝕むことは多くの研究によって実証されている。人の幸福や健康に最も大きな影響を与えるのはおカネでも、成功でもなく、「人とのつながり」であることも、ハーバード大学などの多数の研究によって、明らかになっている。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/AlexLinch)

こうした健康への影響だけではなく、孤独は人間の性格そのものを変える、という研究結果も数多くある。

人はいったん孤独になると、再び、人とつながることを極端に恐れるようになる。一度拒絶された「群れ」に戻ろうとすることは、再び、拒まれ、命の危険にさらされるリスクを伴うからだ。それよりは、何とか1人で生きていくほうが安全だ、と考えて、閉じこもりがちになる。

慢性的な孤独下に置かれた人は、ほかの人のネガティブな言動に対して、極度に過敏になったり、ストレスのある環境に対する耐性が低くなったりする。さらにアンチソーシャル(非社交的)、孤独を深めていく、という悪循環に陥りやすい。このように、孤独は、恐怖心をかき立て、人を自己中心的、攻撃的にすると考えられている。

長期的に孤独の人が増えれば、日本はさらに、不寛容な社会へと変質していく可能性がある。ブランドコンサルティング会社のリスキーブランドによる調査では、この10年、日本では「冷笑主義(シニシズム)」の傾向が高まっている。日本社会では「積極的に社会とかかわる」「深く考える」という人が減り、「社会とは一定の距離を置く」「刹那的に生きる」という考え方に振れる人が増えているというのだ。

■「孤独」が莫大な経済的損失を招き、社会としての寛容性を奪う

高齢者クレーマーの増加など「不機嫌な孤独社会」の萌芽はそこかしこに見えている。「孤独」の弊害は、海外では大きな社会問題としてとらえられており、「孤独」が国民の健康を害し、莫大な経済的損失を招くとして、国を挙げて調査や対策の取り組みが始まっている。

筆者はそういった孤独の負の側面について警鐘を鳴らすべく『世界一孤独な日本のオジサン』(角川新書)を昨年、出版したが、寄せられた多くの声が「孤独の何が悪い」「人とかかわりたくない」というものだった。

実際に、書店には「孤独のすすめ」「極上の孤独」などと、孤独を極端に美化し、その「効用」を説くような本が山のように並び、多くがベストセラーになるなど、「孤独礼賛」の機運が極めて高いことに驚かされた。

あわせて読みたい

「川崎殺傷事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  6. 6

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  7. 7

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  9. 9

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  10. 10

    コロナ起源は輸入冷食 中国主張

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。