記事

タイ「民主制度」を支えた最後の砦「プレム元首相」 - 樋泉克夫

1/2
1つの時代が終わった(C)EPA=時事

 5月26日午前9時過ぎ、タイ国民から敬愛の念を込めて「パパ・プレム」と呼ばれていたプレム・ティンスラーノン陸軍大将(1920年8月26日生まれ、享年98)がバンコクの病院で亡くなった。前日まで親しい軍人の訪問を受け、日常事務作業をすませ床に就いたとのこと。1世紀近い栄光に満ちた生涯が静かに閉じたようだ。

 その死が伝えられるや、マハー・ワチュラロンコン国王は納棺儀式にシリントーン王妹を遣わし、政府は5月27日から1週間は半旗を掲げ、6月17日までの21日間は喪服、あるいは喪服に準じた服装で哀悼の意を表すよう全国民に呼びかけた(但し、6月3日の王妃誕生日を除く)。

 国を挙げての異例なまでに荘重な葬送は、タイにおける同大将の存在の大きさを示していると言えるだろう。であればこそ、あるいは公人としての彼の人生がタイ政治の“一面の真実”を物語っているようにも思える。

眩いかぎりの経歴

 南タイのソンクラーに生まれた彼の主だった経歴を振り返ってみると、中学を卒業して陸軍士官学校へ進み、陸軍司令官(1978年10月~81年9月。80年10月に定年延長)、国防大臣(1979年5月/陸軍司令官兼務)、首相(1980年3月~88年8月/86年8月まで国防大臣兼務)、枢密院議員(1988年~98年)、枢密院議長(1998年4月~2016年10月)、摂政(9世プミポン国王逝去に伴い/2016年10月~同12月)、枢密院議長(10世マハー・ワチュラロンコン国王即位に伴い/2016年12月~死去まで)を歴任。最初の政治職は憲法起草委員(1959年)で、最後に務めた公職が、自らも「最後の御奉公」と公言していたと伝えられる10世国王戴冠式執行委員会顧問(委員長はシリントーン王妹)であった。

 眩いばかりの経歴である。おそらく過去にも見られなかったし、これからは尚更のこと、プレム大将のような栄光に満ちた人生を送ることのできる軍人がタイに現れることはないだろう。さほどまでに輝かしい人生は個人的資質・能力によってもたらされたのか。時代の要請だったのか。あるいは、その両者に由るものか。

完膚なきまでに叩き潰された政敵

 幼少時から弟分としてプレム大将と付き合ってきた老人から話を聞く機会があったが、幼い頃は家庭で女の子のように育てられていたから、軍人の道に進み大将にまで昇り詰めるとは思いもよらなかったという。やはり生まれながらに内剛外柔だったのだろう。子供の頃から見られた粘着質の性格が、後年の政敵潰しの手法に繋がっていたのかも知れない――と語ってくれたことを思い出す。

 確かに1970年代末からのタイ政治を振り返ってみると、彼の前に立ちはだかった政敵は政治家であれ軍人であれ、あるいは経済人であれ、長い時間を掛けてジワジワと、完膚なきまでに叩き潰されている。

 たとえば、陸軍における後見人として彼の引き立て役を務めながら首相続投を阻止され、後に政権返り咲きを断念せざるをえない立場に追い込まれたクリアンサク・チャマナン大将(1979年後半~80年代初期)。

 銀行家兼政治家として政財界に隠然たる影響力を行使していたものの、プレム政権打倒クーデターの資金源と噂され、やがて政財界から身を引かざるをえなかったブンチュー・ロジャナスティエン(1980年代初頭)。

 クーデターによって崩壊寸前になった彼の政権を支えたものの、陸軍司令官に就任したことから国軍の内外に影響力を発揮しはじめるや陸軍中枢から放擲されたアーティット・カムランエック大将(1980年代半ば)。

 一時は最側近として忠勤に励みながら国軍内での影響力拡大が顕著になるや、実働部隊を掌握する少壮軍人集団から“三行半”を突き付けられ、国軍との関係を断ち切られたチャワリット・ヨンチャイユット大将(1980年代末)。

 国軍及び官界を軸とする既得権益層の利権構造の解体を進めたことを「既存秩序への妨害」と糾弾され、クーデターによって首相から解任されたチャーチャーイ・チュンハワン首相(1991年)。

 強硬な政権運営によって「5月事件」と呼ばれる社会混乱を引き起こしたことから、首相就任から2カ月足らずで詰め腹を切らされたスチンダー・クラプラユーン大将(1992年)。

 世界経済の変化に対応する機能的な経済運営を掲げ、「ABCM複合体」――A(王室)・B(官界)・C(財界)・M(国軍)――による旧来型の権力構造に根本的にメスを入れたことで、終には国外亡命生活を余儀なくされているタクシン元首相とインラック前首相のシナワット兄妹(2006年~)。

 ――1970年代末から現在までのタイ政治における敗者の“死屍累々”たる姿を思い浮かべる時、ふと「一将功なりて万骨枯る」の思いが浮かんでくる。

 1980年3月のプレム政権成立から現在まで断続的に起こった政治混乱――5回のクーデター(1991年、2006年、2014年の3回の成功と、1981年と1985年の2回の失敗)、「5月事件」(1992年)、タクシン派対反タクシン派の長期対立(2005年~現在)――に、不本意な形で時代の表舞台から去らざるをえなかった政治家や軍人、さらには経済人たちの恨み節を重ね合わせるなら、タイにおいて果たしてきたプレム大将の存在の重さが浮かび上がってくるように思える。

あわせて読みたい

「タイ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  2. 2

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  3. 3

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  4. 4

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

  5. 5

    徴用工問題避けたい文政権の本音

    文春オンライン

  6. 6

    安倍内閣の数え切れぬ不信任理由

    大串博志

  7. 7

    銀行員のジーパン勤務OKに大賛成

    川北英隆

  8. 8

    闇営業ギャラにブラマヨ吉田持論

    AbemaTIMES

  9. 9

    度を超す学歴重視が生む教育虐待

    おおたとしまさ

  10. 10

    ジャニー氏 社長はSMAP元マネに

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。