記事

「ATM+キャッシュレスで勝算あり」銀行業に参入したローソン銀行・山下雅史社長インタビュー

1/2

BLOGOSでは「注目企業、次の一手」と題して、元銀行支店長で企業アナリストの大関暁夫さんをインタビュアーに、新たな挑戦に踏み出す企業にその戦略について伺うインタビュー連載をお届けする。今回はその第一弾として、2018年10月15日に一般向けサービスを開始したローソン銀行の山下雅史社長にお話を伺った。【取材・構成:大関暁夫 編集:後藤早紀 撮影:弘田充】

BLOGOS編集部

「誰でも、いつでも、簡単に」がコンビニATMのメリット

大関:昨年8月に銀行免許を取得され、10月にローソン銀行として営業をスタートされました。これまでもローソン店舗内にATMはあったわけですが、正式に銀行になることのメリットとコンビニ利用者のメリットを教えてください。

山下社長(以下、山下):まず利用者の皆様にとってはATM利用の利便性が高まる、ということが第一です。これまでコンビニ内に限られていたATM設置場所に関する自由度が、格段に上がるからです。既に新千歳、羽田の両空港には設置済ですし、福岡空港も予定しています。空港以外に、東京や大阪の地下鉄駅構内での展開も始まっています。様々な生活シーンでお役に立てる場所へのATM設置により、ご利用の皆様の利便性を高めていきたいと思っています。

私どものメリットですが、一番はいままでは地場の金融機関さんに管理をお願いしていたものが、一括して自分たちで管理しますので、自由度が高まることによって多様なサービス展開が出来るようになると考えています。

大関:今後の多様な業務展開を検討される中で、預金業務を始められたのは大きなポイントではないでしょうか。

山下:特に宣伝したわけでもないのですが、3月末の時点で既に28,000口座の開設をいただいています。残高を入れて実際に利用している方の割合も比較的高いこと、年齢層が幅広く10代から90代まで口座をご利用いただいていること、それと地域に関してもまんべんなく全国で開設していただいていること、などは嬉しい想定外な出来事でした。これは自分に近い、一番使いやすい所にお金を置いておきたいというのが一つあるのではないかと思います。同時に、既存の金融機関とは何か違うことをやってくれそうだ、という利用者の方々の期待感も感じています。

BLOGOS編集部

大関:コンビニバンキングとして「既存の金融機関とは何か違うこと」ができるとすれば、どのようなことが考えられるのでしょうか。

山下:今まで金融機関は「こういう人を主なお客様にしています」と決めたら、そうした方に向けた商売をしていればいいのですが、私どもは違います。コンビニは若い方からお年寄りまで、お金持ちの方もそうでない方も、あらゆる方が出入りされています。

でも、お金持ちだからといっておにぎりを100個買うわけではなく1個のおにぎりを買いに来るわけです。ですから、年をとっても若くても、お金があってもなくても、その1個のおにぎりでみんなに満足を提供する、というのがコンビニの真髄だと思うのです。その意味で私どもは新しい銀行として、それに類するようなサービスがあってしかるべきかと思っています。

簡単にいえば、誰でも簡単にいつでも使えて、あってよかった、そんな身近なサービス。例えば、普通の証券会社だと10万円からの投資信託が1000円からでも買えるとか。あるいは、保険への加入で月々3000円ずつの支払いも、毎月払えない人には払える時に払った分だけ保障される保険に入れるとか。

それも私たちが自前で商品を揃える必要はなくて、地域金融機関さんや証券会社さんなどの外部からのサポートを得て、私たちはお客様と金融事業者をつないでいく、みたいなイメージです。そんな、既存の金融機関とは異なるビジネスモデルになっていくのだと思います。

大関:コンビニバンキングとして最大のライバルはセブン銀行だと思いますが、今後のサービス拡充も含めて、同行との差別化というのはどのようにお考えですか。

山下:皆さんにライバルと見ていただけるのはありがたいことですが、大先輩に対してライバルなどというのはおこがましいわけでして、私どもとしてはむしろ補完し合う関係だと思っています。社会インフラとしての責任という意味でお互いに協調し合うのが第一義であり、セブン銀行さんも同じお考えだと思います。あえて違いをあげさせていただくなら、ローソングループとしてのコンセプト「みんなと暮らすマチを幸せにする」という「マチとのつながり」に対するこだわりということになるでしょうか。

福井県の恐竜博物館で地方銀行×ローソン銀行の好事例

大関:「マチとのつながり」という点で、具体策は何かありますか。

山下:ひとつは、地域の経済を支えている地域金融機関の方々と共に地域に貢献していく、という策です。まだまだこれからの部分が多いのですが、ひとつ例をあげさせてもらえば、政府が地銀に要請しているインバウンド対策として「ATMで海外発行のカードを使えるようにしてください」というものがあります。これを一つひとつ対応していくとなると、かなり大きな開発コストになります。

今、地銀はマイナス金利政策下で本当に厳しい収益環境にありますから、なかなか対応が難しい。そんなケースでは、私どものATMをお入れすることでニーズに応えることができます。実例としては、福井県で年間90万人ものインバウンドの来場客があるという恐竜博物館の隣接施設に、福井銀行さんと私どもの共通ブランドで、両方の名前を冠したATMを置かせていただきました。地銀さんとの連携として、象徴的なケースだと思います。

大関:まさに「マチとのつながり=地域との連携」ですね。

山下:そうですね。元々は福井銀行さんからご相談をいただいたわけなのですが、恐竜博物館がある勝山市の市長さんと市役所も一緒になって動いてくださいまして、私たちとしても福井ブランドを大切にしながら非常にスピーディな対応ができました。まさに地域の中に入っていったという実感を持たせていただいた好事例でした。

BLOGOS編集部

JAバンクへのATM代替設置は金融機関の機能補完連携事例の第1号

大関:地域金融機関との補完関係としての連携ニーズは、かなりありそうですか。

山下:ローソン銀行を開業してから今までで、約30以上の銀行の方々とお話させていただきました。その中から分かったことは、90年代後半の金融危機や07年のリーマンショック、そして現状のマイナス金利政策対応、地銀の皆さんは自分たちでできることは既にやり尽くしています。更に加えて経費削減や新しいチャネルの開発を行おうとするには、私どものような異業種の銀行と何か一緒にやることでそれを実現していく可能性がまだまだある、ということをおっしゃっていただいています。

私どもは、5月にJAバンクへの当行ATM代替設置についてお知らせいたしました。これは金融機関さんの機能を私どもが補完することで、金融機関さんとしては必要な事業や機能により力を入れて取り組めるという、第1号の事例かなと思っています。

大関:報道でも取り上げられた案件で、農林中央金庫さんと合意されたということでしたが、具体的にはどのような連携なのでしょうか。

山下:JAバンクは、全国の農協さんや信用農業協同組合連合会、農林中央金庫さんで構成されるグループですが、2019年度からの中期戦略において、組合員や利用者の皆さんとの接点の再構築ということで、将来を見据えた店舗やATMの再編に取り組むこととされています。

私どもが今回農中さんと結んだ合意は、この戦略の遂行を後押しするため、今年度から、全国の農協さんなどが希望するATMについて、当行のATMに置き換えていこうというものです。これにより、職員の方は、本業である組合員の皆さんへのご支援に注力できるということです。

まさに、私どもの機能を使っていただくことが、経営課題の解決の一助になる、私どもにとっても地域のマチの活性化に貢献できる、ということで、大変意義のある案件だと思っています。地域金融機関の皆さんは様々な経営課題に直面されていると思いますので、私どもの長所や強みを活かした連携は、これからもいろいろな可能性があると思います。

大関:コンビニ内にある銀行という特性を活かした点からは、既存金融機関との連携業務はどのようなものが考えられるのでしょうか。

山下:既存金融機関で、コスト面等からやむなく削られていくサービスの代行という観点での連携はあると思います。例えば、銀行の夜間金庫に代わるサービス提供とか。コンビニ内のATMの入金機能を使えば、十分その機能は果たせるわけです。現実に、ローソンの売上金を収納するサービスは開始しています。ATMには数千万円まで収納できますから、地域の商店レベルの売上入金であれば十分に対応可能かと思います。

個人向けのてっとり早い話では、地銀さんのカードでATMを利用した方に、1to1の個別メッセージをレシートで出すということは考えられます。メールのメッセージは今飽和状態で読まれませんが、自分に向けられた活字メッセージは意外に有効ではないかと思っています。一歩進んで、地元に帰る航空券の割引チケットが印字されるなどというサービスもありかもしれません。

共同通信社

大関:さらに進んで、ローソン銀行が地銀の銀行代理店になってコンビニ内で業務をおこなうような展開もありうるお話でしょうか。

山下:それも全くないとは言えませんが、今ご相談いただいているレベルではローソンというスペースの中に、地銀さんの支店なり出張所を入れてしまうということ、まずはこちらの方が可能性は高いと言えるでしょう。すでにいくつかのローソンの店舗では、郵便局が入っているという例があります。

同じように地銀さんがコンビニの中にお店を入れていくということは十分対応が可能です。その場合、今の時代として銀行の出張所が月曜から金曜までずっと開いている必要はありませんから、例えば月曜と水曜の午前中だけローソンのイートインコーナーが出張所になるということはあり得るかもしれませんね。

あわせて読みたい

「銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    なぜ高学歴なのに低収入になるか

    内藤忍

  3. 3

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  4. 4

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

  5. 5

    31歳東大准教授が日本の若手叱咤

    Thoughts and Notes from NC

  6. 6

    山本一郎氏がKAZMAX氏にエール

    やまもといちろう

  7. 7

    雅子さまがまた涙 視線の先には

    文春オンライン

  8. 8

    森田知事巡る問題に舛添氏が苦言

    AbemaTIMES

  9. 9

    子ども愛せず…高学歴男性の離婚

    幻冬舎plus

  10. 10

    居酒屋無断キャンセル逮捕を評価

    宮崎謙介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。