記事

「旅行革命」でカプセルホテルはここまで進化した

1/2

旅行といえば、旅行会社の店舗へ出向きアレンジするのが定番――、というのはもはや一昔前の話だ。

今ではオンライン上で様々な手配ができるようになった。インターネットの普及がもたらした「旅行革命」が、旅の手配ばかりではなく、移動手段の多様化や機能性・利便性の向上をももたらしている。

近年の宿泊業全体でみれば、訪日外国人旅行者の激増等によりサービスも変容し、様々な旅行者のニーズに応える宿泊施設が誕生し続けている。

カテゴリーでいえばシティホテルやビジネスホテルといった伝統的な区分にとどまらず、ワールドワイドなラグジュアリーブランドの進出、ライフスタイルホテルといった新たな概念の広まりや、付加価値を打ち出す進化系ビジネスホテルの誕生など、枚挙に暇が無い(※1)。また、レジャーホテルの一般ユース取り込みなどについても本連載で指摘したところだ(※2)。

参照:
※1.なぜ東横インは、宿泊料が一定なのか? 多様化するビジネスホテルの今
※2.時代とともに変わるホテル - ラブホは「レジャーホテル」へ

宿泊業の活況に伴い、稼働率の上昇や料金高騰という事態も指摘されるようになってきた。そのような中、リーズナブルに移動できる手段が流行ったことで、安価で利用できる宿泊施設が大いに注目されている。法律的な区分としては「簡易宿所」が代表例だ。大まかにいうと、料金は一般ホテルと一線を画す安さにして、客室(空間)を多人数で共用するというイメージ。「カプセルホテル」や「ホステル」が知られるところである。

そこで今回は、カプセルホテルに注目した話をお届けしたい。

時代と共に進化してきた「カプセルホテル」、あなたはどれだけ知っていますか?

カプセルは「部屋」ではない

そもそも、カプセルホテルの就寝場所であるカプセルは“個室”ではない。消防法等法令の関係もあり、鍵がかからないようになっている。多くのカプセルが並ぶ部屋全体が“客室”であり、前述の通り1室を多人数で共用する前提により複数のベッド(カプセルユニット)が1室にあるという考え方だ。ちなみにこれはホステルも同様で、1室に二段ベッドが並ぶタイプがよく知られているところだろう。

他の宿泊施設同様に、簡易宿所にも入浴施設(シャワーという場合もある)を設けることが法令で定められているが、そもそもカプセルホテルでは充実設備の大浴場が設けられているケースもよくみられる。露天風呂やサウナ、ジャグジーなど、カプセルの宿泊利用の他に大浴場のみの利用者などへサービスを提供する施設も多い。そもそも温浴施設をメインにしつつカプセルホテルも営業している、という施設もみられるほどだ。

「宿泊業」という点から見ると、簡易宿所は営業許可やイニシャルコストといった点からハードルが低い上に、参入・撤退のスピード感という点も秀でているのが特徴だ。

さらには、国際紛争や経済・環境問題など、様々な要因で一気にクールダウンするリスクを内含するインバウンド需要にも、柔軟に運営対応できる業態ともいえる。ユーザー視点に立っても、ある程度のプライバシーが確保されるカプセルホテルは、簡易宿所でも利用しやすい業態である。

どこからが「カプセルホテル」なのか?

筆者は2014年に、“365日365ホテル”というテーマで毎日異なる宿泊施設へチェックインするミッションを続け、結果として372軒の宿泊施設へチェックインした経験がある。

その過程で東京にあるすべてのカプセルホテルへもチェックインする機会を得たのだが、その進化には驚愕するばかりだった。筆者自身、カプセルホテルといえば終電に乗り遅れたサラリーマンが仕方なく利用するといった「緊急避難」的なイメージを持っていた。そして一般的にも、安全・安心の担保という面から疑問符を持たれていた。

ところが、都心の駅から近い一等地に立地し、デザインやサービスなどに気遣った施設が続々と誕生していたのだ。この状況に衝撃を受けた筆者は、これらを「進化系カプセルホテル」と名付け、メディアで情報発信を行った。その後もかような“ブーム”は続き、カプセルホテル活況といえる状況が進んできた。

「進化形」の増加で、カプセルホテル活況が続く

そしてこのブームは、多様な“カプセルスペース”を誕生させた。ホステルとして営業している施設に木枠で二段の就寝スペースが誕生すると、その光景はまるでカプセルホテルのようだったし、「本」をテーマにした施設では、本棚に囲まれ枠で区切られた就寝スペースがあり、その専有面積はまさにカプセルホテルそのものだった。

一般にカプセルホテルというと、たくさんのカプセルが”カイコ棚”のようになっているイメージは共通しているものの、上述した木枠で組んだベッドスペースも、カプセルホテルを標榜する。かような情況に“そもそもカプセルホテルの定義とは何なのか”と考えるようになった。

メディアもカプセルホテルへの興味は尽きないようだ。筆者はテレビや雑誌と関わる仕事もしているが、「カプセルホテルについてとりあげたい」というオファーは2~3年前から激増した。

話を聞くと、カプセルホテルというワードは視聴者や読者に対してフックがあるのだという。まさにカプセルホテルというワードありきの企画であるが、ワードそのものの持つインパクトは大きいようにも思う。

一方、筆者はカプセルホテルとはあくまでも“カプセルユニットを用いた業態”と定義づけている。カプセルユニットは、専門メーカーにより研究され、製作・販売されている。快適性や機能性はもちろんのこと、実際にメーカーを取材してみると、安全性担保などの面からも様々な工夫が為されていることがうかがえるので面白い。

あわせて読みたい

「カプセルホテル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  2. 2

    石破氏が固執する奇異な憲法解釈

    篠田 英朗

  3. 3

    文氏「日本の指摘は重大な挑戦」

    ロイター

  4. 4

    米国に泣きつく韓国の告げ口外交

    WEDGE Infinity

  5. 5

    自民議員「韓国は北朝鮮笑えぬ」

    城内実

  6. 6

    ドトールがスタバに勝る食品の質

    内藤忍

  7. 7

    徴用工 三菱重工の資産現金化へ

    AbemaTIMES

  8. 8

    政策の違い比較したイラスト話題

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    よしのり氏「立民に裏切られた」

    小林よしのり

  10. 10

    利用者混乱させる日本の電子決済

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。