記事

長期金利が低下している、、、、

米中の貿易戦争の長期化で、世界の景気にも悪影響は必至ということで、株価も長期金利も低下している。

マーケットは、その時々の経済の表層的な好材料や悪材料で、買いが集まったり売りが集中したりする。

それが、株価などを上へ押し上げたり、下へ叩き落したりする。 金利も同様である。

ここへ来て、長期金利がスーッと下げてきた。 世界景気の見通しが弱くなっているのを象徴してのもの。

つまり、景気の悪化を懸念して、リスク資産を減らし、国債のような安全資産に資金をシフトさせようとする投資家が増えているのだ。

先に表層的な好材料や悪材料と書いたが、まさに昨今の世界景気スロ-ダウン懸念がそれだ。

マーケットでは、株価の下落や長期金利の低下を騒いでいる。 この現象が、果たしていつまで続くものだろうか。

そういっている間も、世界の人口は毎日20万人のペースで増え続けている。

その分の需要は確実に拡大しているわけだ。 これは、構造的なインフレ要因といってよい。

つまり、エネルギー・食糧・水・工業原材料などの供給ニーズは、おそろしいスピードで拡大し続けている。

それに応えるのは、企業のビジネス活動である。 こう考えると、いつまでも株価が低下低迷する理由はない。

また、マイナス金利で国債を買うなんてのも、長期でみれば愚かな行動である。

そう冷静に考えるのが、骨太の長期投資家である。 ところが、多くの投資家はマーケットの価格変動に振り回されている。

どちらに軍配が上がるか、目先はともかく、長いめでは長期投資家に決まっている。

あわせて読みたい

「景気」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  10. 10

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。