記事

フォロワー数水増しに終止符か?AIがインフルエンサーの不正を検出するサービスが登場

インフルエンサーの影響力を活用して、自社の商品・サービスの広告宣伝を行うインフルエンサーマーケティング。昨今、Web担当者、マーケ担当者の間で注目を集めているマーケティング手法の1つだ。

そんなインフルエンサーマーケティングに変革が起きようとしている。

フォロワーの水増しをAIで検出

SNSデータやインフルエンサー分析事業を展開する株式会社misosil(ミソシル)が、AIを使った「インフルエンサーの不正チェック機能」をSNS分析ツール「Tofu Analytics」のオプションとして提供を開始した。

これにより、フォロワーを購入し、フォロワー数を水増ししているインフルエンサーの不正や、不正インフルエンサーを使ってキャンペーンを行っている企業を検出できるようになった。

フォロワーの売買はもう通用しない?

インフルエンサーマーケティングは、SNSが普及した今、多くのフォロワーを持つ一般人に宣伝・拡散してもらうマーケティングである。効果的に商品やブランドに対する認知や購買意欲を効果的に向上させることができる手法だ。

しかし、近年代理店をはじめとしたマーケティング担当者のリテラシー不足の影響で、フォロワー数至上主義的なインフルエンサー起用キャンペーンが横行している。その結果、実態のない海外アカウントやbot等をフォロワーとして購入し、フォロワー数を水増しすることで仕事をもらおうとする不正インフルエンサーが増えているのだ。この点はNHKも先日報じている。

インフルエンサーがフォロワーを水増しすることで、企業は想定した効果が得られないばかりでなく、インフルエンサーの先にいる一般消費者が騙されてしまう可能性もある。

このような背景から、企業が事前にインフルエンサーのフォロワーをチェックすれば未然にインフルエンサーの不正を防げる可能性が高いと考え、AIを応用した独自の不正検知ロジックを開発したそう。

AIにより、不正インフルエンサーを使ってキャンペーンを実施している企業は、今後どんどん淘汰されていくのではないだろうか。健全なインフルエンサーマーケティングが普及していくことに期待だ。

Source:フォロワー数を水増ししているインフルエンサーや不正インフルエンサーを使ってキャンペーンを実施している企業を検知する「不正チェック」サービスをリリース


by
アメリカ在住中、技術革新により日々の生活が豊かになっていく様を肌で感じたことがきっかけでレッジに参画。映像制作や記事執筆など、多岐に渡ってこなす。テクノロジーが社会をどう変革していくかに興味がある。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  8. 8

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

  9. 9

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  10. 10

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。