記事

パワハラ防止法が成立 企業の努力義務は決して軽くない 労働者も団結して職場環境を変えていこう!

 パワハラ防止法が成立しました。初めて企業にパワハラの防止を義務づけることになりました。
罰則がないということを問題にする意見(批判)もあるようですが、私は罰則を定めなかったことはやむを得ないことと考えています。
企業にパワハラ防止を義務化へ、違反なら社名公表も」(朝日新聞2019年5月29日)

「改正法は、パワハラを「優越的な関係を背景にした言動で、業務上必要な範囲を超えたもので、労働者の就業環境が害されること」と定義。その上で、パワハラ防止策をとることを企業に義務づける。従わない企業には、厚生労働省が改善を求める。それにも応じなければ、厚労省が企業名を公表する場合もある。」

 罰則の対象となるものとならないもの、その線引きが難しく罪刑法定主義の観点からの問題があるからです。
セクハラ対策に刑事罰は難しい 教育の問題であり、社会構造の問題である

 罰則がないことを批判する人たちは、これでもかという事例を持ってきますが、それほどひどい事例は、他の犯罪類型に該当するものであり(強制わいせつ、脅迫、強要、暴行など)、問題なのはそれを犯罪として立証できるのかどうかということに尽きます。

 一般的に犯罪、犯罪でないものを明確化できないのは問題で、昨今、性犯罪は同意していない場合には成立するようにすべきという意見があることも承知していますが、同意がないこと、及び同意があると誤信もしていないことを検察側が立証しなければならない構造は同じで(確かに判決の中には、??という認定の仕方をしているものもあります)、そうでなければ疑わしきは罰せずということをやめ、同意が立証できない限りは有罪としてしまうよりないということになります。

論者によっては性犯罪には「疑わしきは罰せずは適用すべきない」と言ってしまっている人もいるくらいなので、実は根底にある発想は同じなのかもしれません。
『逃げられない性犯罪被害者 無謀な最高裁判決』(杉田聡編著)
「この著書の中の堀本江美氏のコラムですが、「「疑わしきは罰せず」は、性犯罪の場合にあてはめてはなりません」とまで述べています(69ページ)。」


パワハラ以上に悪質なのがセクハラですが、罪刑法定主義を無視したような立法には問題があるわけで、従って、その防止には最初から限界があります。
 とはいえ企業には防止を義務づけられたわけです。企業による黙認が許されないことはこれまでの裁判上でも争われ、企業の防止義務違反によって賠償請求が認容されてきたのですから、このパワハラ防止法があろうとなかろうと、企業は本来的にこうしたパワハラ、セクハラなどを防止するための方策を講じなければならないのは当然なのです。

 もっとも社長がパワハラをやっているような会社では実効性がないということも聞きます。
 しかし、そこは私は労働者側も受け身ではなく、労働組合を結成して職場環境を変えていくために闘うことこそ大事なことだと思います。

あわせて読みたい

「パワハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  10. 10

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。