記事

選挙が間近になると、何としても対決型の国会にしようとするのが野党第1党だが・・

そろそろ通常国会も終盤に差し掛かっている。

国民投票法の改正くらいは仕上げた方がいいだろうと思っているのだが、立憲民主党の枝野氏はどうやら徹底抗戦方針に転ずるようだ。

自民党を強行裁決に追い込もうという作戦なんだろうが、大して効果はなさそうだ。

国民投票法の改正が実現すれば、与党の得点になることは間違いないが、国民投票法の改正を阻止するために反対、反対の声を上げるだけでは、野党には政策実現能力がないことを世間に示すだけに終わってしまう可能性がある。

立憲民主党が与党の国民投票法の改正案について修正案を提示して一定の修正が実現すれば、与党も野党もそれなりに得点したことになり、痛み分けくらいにはなりそうだが、多分、立憲民主党は共産党の主張に引き摺られて反対以外のメッセージは出せないことになる。

野党共闘路線にはそういう欠陥があるのだが、選挙が近くなるとそれを承知で共闘態勢を組まざるを得なくなるのだから、気の毒なものだ。

第3極が求められる背景にはこういう事情がある。まあ、皆さん、よくご存知だろうが。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  2. 2

    「TV局は株主」吉本の癒着を暴露

    BLOGOS編集部

  3. 3

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  4. 4

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    男の愛撫は痛い SOD女性社員訴え

    AbemaTIMES

  6. 6

    宮迫への無神経質問に非難が殺到

    女性自身

  7. 7

    よしのり氏 山本太郎に投票した

    小林よしのり

  8. 8

    韓国の日本大使館突入に抗議せよ

    tenten99

  9. 9

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

  10. 10

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。