記事

「江戸城の防御力は世界最高」記事の虚実

1/2
[画像をブログで見る]

 先日、Yahoo!ニュースにこんな記事が掲載され、話題を集めていました。

 「江戸城の防御力は世界最高レベル」 授業では習わなかった「お城のスゴいところ」を専門家に聞いてきた

 配信はITmediaの軽めの話題を扱う『ねとらぼ』。自転車系ブロガーの著者が「大学院で考古学を学び、発掘調査をしていた経験を持つ元考古学者のSさん」に、江戸城についてインタビューしたという形で記述されています。ただ、専門家といいつつも、その素性や経歴は一切謎で、どういう専門家なのかも不明です。

 そして、その内容に各方面から疑問の声が出ています。Twitter上でもっともシェアされた疑問は、志学社代表取締役・星海社フェローで、『戦国北条五代』『戦国大名武田氏の戦争と内政』『上杉謙信 「義の武将」の激情と苦悩』(いずれも星海社新書)などを手がけた、編集者の平林緑萌氏のツイートです。以下に引用してみましょう。

 平林氏の言うように、上杉謙信と武田信玄が江戸城を攻めたとは現代に伝わっていません(近くには来ていますが…)。平林氏の疑問ツイートが拡散されたためか、2019年5月27日11時付で「初出時、『上杉謙信と武田信玄は江戸城を攻めようとしましたが』とありましたが、誤りでした。お詫びして訂正いたします。」と訂正が行われています。他にも楠木正成についての記述も作者からの指摘で削除されており、ツッコミがかなり来ているようです。

 しかし、平林氏のツイートにもあるように、この記事には他にも疑義が多く、それがYahoo!ニュースに掲載されてそれなりに読まれたとなると、影響力は計り知れません。そういう流れに少しでも抵抗したいと思い、ささやかながら自分も軍事面での疑義がある点について書いてみたいと思います。

「江戸城の防御力は世界最高レベル」?

 記事のタイトルにもなっている「江戸城の防御力は世界最高レベル」は、恐らくねとらぼの編集がつけたもので、記事中では「江戸城はあらゆる城の中で屈指の防御力を誇る、難攻不落の城ですよ。世界的に見ても超ハイレベル」と多少ニュアンスが異なります。何をもって「超ハイレベル」「世界最高」かは明白ではないですが、本当に江戸城の防御力は世界最高なのでしょうか?

 建造年代も新しく、広い堀を備えた江戸城が、日本でも最高峰の防御力を備えているのは間違いでないと思います。しかし、城、軍事要塞というものは、対象となる驚異を想定して造られるものです。戦国時代は日本の内戦であり、主要な脅威は日本の大名とその軍です。ここに大きなポイントがあります。

 日本が戦国時代を迎えていた頃、西ヨーロッパでは『イタリア式築城術』(稜堡式城郭)がみられるようになりました。これは、大砲(攻城砲)の登場によって、高い城壁や塔を備えた中世ヨーロッパの城が脆弱なものとなったため、構造物を低くし土塁(厚い土の壁)を張り巡らせ、城の外に向かって鋭角に突出した形状(稜堡)を備えたものでした。

イタリア式築城術により造られたオランダのブルタング要塞(Wikimedia Commonsより)

 この構造は大砲に対して堅固にするとともに、こちらの火力を最大限に活用するためのものです。稜堡は銃や大砲の死角を無くすと共に、相互に火力を発揮できるように造られています。このイタリア式築城術はヨーロッパに広がり、17世紀にフランスのヴォーバンにより完成され、ヴォーバンが設計した『ヴォーバンの防衛施設群』はユネスコの世界遺産に登録されています。

あわせて読みたい

「ニュースサイト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「親日本」が韓国に与えた納得感

    WEDGE Infinity

  2. 2

    GSOMIA破棄か 感情で判断の韓国

    ヒロ

  3. 3

    暴走事故の高齢者 資産移動防げ

    篠田 英朗

  4. 4

    なぜ匿名? 二宮結婚報道の異常さ

    山下雄平

  5. 5

    二宮のお相手 さんまが「魔性」

    SmartFLASH

  6. 6

    剛力破局 深田恭子に泣いて相談

    NEWSポストセブン

  7. 7

    Apple製品にも影響?LGの大量廃棄

    tenten99

  8. 8

    日本と同じく滅びゆくアジアの国

    永江一石

  9. 9

    望月記者 れいわ演説で心動いた

    PRESIDENT Online

  10. 10

    千原せいじに元AV女優の新愛人

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。