記事

「報道姿勢や倫理意識が問われている」川崎の19人殺傷事件めぐるメディアのあり方に苦言

 28日、川崎市で小学生らが刺されて2人が死亡して17人が重軽傷を負った事件で、同日夜に放送されたAbemaTV『AbemaPrime』では、出演者から報道のあり方についても様々な意見が出された。

 リディラバ代表の安部敏樹氏は「カリタス小学校の会見で校長先生が報道に配慮を求めていらっしゃったが、この番組も保護者に取材していた。本当に必要だったかなと思う。あるいは被害者が搬送されるとき、シートで覆って運ばれていくが、あれはメディアが撮ってしまう。本来は現場での対応のために動いてもらうべき人員がその対応に割かれている」と指摘。

 明星大学准教授で臨床心理士の藤井靖氏は「報道というのはマイナスの体験をした人がその時の気持ちを呼び起こすきっかけになってしまう。PTSDやトラウマは、そのマイナスの出来事が自分の中で消化できることが大事だし、すぐに消化できるわけがない。それまでに専門家や保護者がケアをしている過程で報道に触れて、消化が阻害されることも十分にある。20年、30年、大人になっても引きずる傷なんだという点によくよく注意しなくてはいけないと思う。他の事件でも言われていることだが、どれぐらいの頻度で、どこまで報道するのか。テレビだから画を使わないといけないのはわかるが、そこももう一度考えなくてはいけない」と苦言を呈した。

 さらに「カリタス小学校の会見もすごく心配だった。大津園児死亡事故の際の反省が生かされているか気になって見ていたが、あまり変わらない印象だ。いまだに答えありきで質問をしていると思うし、同じことを何度も聞くのも、自分の会社がした質問に答える映像がほしいという欲求があるんじゃない。また、取材をする時には幹事社を通してくださいという話もあったが、報道関係の皆さんはポカンとしていたように見えた。各社それぞれが取材攻勢をかけるマスコミの報道姿勢や倫理意識が問われているなと思った」との考えを示した。

 経済評論家の上念司氏は「藤井さんのご指摘の通りで、被害者のことを心配しているような体でやっていても、結局は数字が欲しくていい加減なことをしてるんじゃないか。そういう人たちがいるとしたら恐ろしいことだし、大変悲しい。ただ、ネットの力で報道姿勢が変わってきたなと思うし、もし1社でも抜け駆けしたら叩かれると思う。それなのに、この番組は地上波の情報番組や報道番組のフォーマットのように現場から中継していたし、保護者にインタビューしたくて仕方ない報道側の気持ちがあるのを感じた。それではこの番組をネットでやっている意味が全然ないと思う」と厳しく批判した。

 こうした指摘に、司会進行のテレビ朝日・平石直之アナウンサーは「会見で当事者からこういう意見が出てきているという現状は本当に重く受け止めなくてはいけない。今回の件については幹事社を通して進めていくという方向で話が進んでいるようだ。ただ、幹事社のグループに入っていない社、あるいはフリーでやってる方などに関しては難しい面もある。また、上念さんがおっしゃったように捉えられてしまっているということは重く受け止めなくてはいけないし、もう遅いとおっしゃると思うけれども、そういう放送をすることで逆に見てもらえなくなるということにも気づき始めている」と話していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶放送済み『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

あわせて読みたい

「川崎殺傷事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大阪警官刺傷 子ども移動控えて

    橋下徹

  2. 2

    朝日の信頼度 今年も全国紙最低

    島田範正

  3. 3

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  4. 4

    イランが日本船を狙うのは可能か

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    老後2000万円批判は大人の居直り

    AbemaTIMES

  6. 6

    老後2000万円 大本営発表状態に

    大串博志

  7. 7

    宮内庁楽部のNO.2が教え子と不倫

    文春オンライン

  8. 8

    オペレータ職が陥る貧困ループ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    報道のWEB有料購読 浸透せず苦境

    ロイター

  10. 10

    私刑実行する正論オジサンの心理

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。