記事

消費者市民のリスク誤認を助長する"添加物不使用"表示

1/2

 "リスクの伝道師"SFSSの山崎です。本ブログでは、毎月食の安全・安心に係るリスクコミュニケーション(リスコミ)のあり方を議論しておりますが、今月はようやく(?)世間でも議論が過熱してきました食品添加物のリスク問題について考察したいと思います。まずは、山崎製パンさんが自社製造の加工食品に使用している食品添加物のリスク情報とともに、いわゆる"添加物不使用"というパン製品のマーケティング手法に関する公式見解を発表されたので、以下のサイトでご一読ください:

 「イーストフード、乳化剤不使用」等の強調表示に関する当社の見解
  ~山崎製パンホームページより~

  https://www.yamazakipan.co.jp/oshirase/0326_page.html

 いわゆる"食品添加物不使用"や"無添加"という強調表示は、ここ最近よくみかける加工食品や外食産業の広告/CMにおける"殺し文句"となっているのだが、とくに加工食品のパン製品類に関しては「イーストフード不使用」「乳化剤不使用」といった広告やラベル表示が多いため、市販パンメーカー最大手の山崎製パンがこれらのマーケティング手法に対して一石を投じたということのようだ。競合商品が「イーストフード不使用」「乳化剤不使用」とラベルで謳いながら、実際は同じような成分を含んでいることも不公正ではないかと指摘しているのだが、それよりも添加物不使用を謳うことで、いかにも健康によいパンであるかの如く、消費者への優良誤認を招いていることを問題視しているようだ。

 また本見解文の終盤で、消費者庁が実施した「平成29年度食品表示に関する消費者意向調査」を引用し、商品選択の際に「無添加」等の表示がある食品を購入している人の割合は過半数を超えており、「○○を使用していない」、「無添加」の表示がある食品を購入する理由としては、「安全で健康に良さそうなため」が72.9%と最も多く、(中略)「○○を使用していない」、「無添加」等の表示は、食品安全面や健康面で優位性のある食品のような印象をお客様に与えている実態が明らかになっています、と指摘している。

 すなわち、7割以上の消費者が「無添加」と謳う食品に対して、単に自然なものを好むといった価値観(=「食の安心」の観点)で商品選択をしているのではなく、「無添加」と謳う食品は添加物を使用した加工食品よりも安全性が高い(=「食の安全」の観点)とリスクを誤認して商品選択をしていることになる。これはまさに、リスク認知バイアス(=リスク誤認)を引き起こしている原因のひとつが「添加物不使用」表示だとすると、大きな社会問題ではないか。実は筆者も、3年前にこの「無添加商法」に対して「マーケティング・バイアス」だと指摘して、議論をしていたところだ:

 ◎『リスク認識をゆがめる"マーケティング・バイアス"』
  SFSS理事長雑感[2016年2月17日水曜日]

  http://www.nposfss.com/blog/marketing_bias.html

 それでも「いやいや、食品添加物を使用した加工食品のほうが健康リスクが高いに決まっているじゃない・・」と心の中で思われている方がおられたとしたら、それは典型的なリスク誤認の状態=「確証バイアス」に陥っていると言わざるを得ない。その場合には、なぜ自分が「食品添加物は健康によくない」と信じるにいたったかの理由を考えて、思い当たる理由が以下の選択肢にあったら、それに対する食品安全の有識者の解説を読んでいただきたい:

<食品添加物は健康によくないと考える理由①>
 食品添加物が原因で健康被害が起こった事故の歴史があるから。
<食品安全の有識者の回答①>
 過去に食品添加物が原因で健康被害が起こった事故の歴史はたしかにありますが、もう数十年以上前のことであり、日本国内ではそれ以降、何十年もの間事故は発生していません。反対に食品添加物を使用しなかったことにより、O157などの食中毒死亡事故が何度も発生しており、食品事故を未然に防ぐためには、食品添加物を適切に使用することが望まれます。

<食品添加物は健康によくないと考える理由②>
 過去に家庭科の授業で食品添加物はできるだけ使わないように教わったから。
<食品安全の有識者の回答②>
 家庭科の教科書には食品添加物を使用しない調理がよいなどの記載があるようですが、文科省の教科書審議会に食のリスクの専門家が以前は含まれていなかったこともその要因といえるでしょう。家庭での料理を学ぶ際に、加工食品を使用せず、天然の食材を活かした料理を学ぶこと自体は問題ありません。食のリスクに関しては正しいリスク評価について学ぶ必要性を強く感じます。

<食品添加物は健康によくないと考える理由③>
 過去に発がんリスクが懸念され、使用禁止になった食品添加物があるから。
<食品安全の有識者の回答③>
 過去に発がんリスクが懸念され使用禁止になった食品添加物があったのは事実です。ただし、ここ十年来発がんリスクが心配される添加物は、厚労省が現在使用を認めている添加物リストからみつかっていません。今世紀に入って制定された食品安全基本法と内閣府食品安全委員会による食品成分のリスク評価が広範囲において実施された結果、安全性に問題のある食品添加物は一掃されたと考えてよいでしょう。今後もし安全性に懸念のあるデータがみつかれば、食品安全委員会の専門部会でリスクを再評価する仕組みができており、いま国内で使用されている食品添加物を怖がる必要はないと考えます。

あわせて読みたい

「食品添加物」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  2. 2

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  3. 3

    桶川事件20年 警察が隠した怠慢

    BLOGOS編集部

  4. 4

    いきステ不調 改善には社長交代?

    永江一石

  5. 5

    梅宮辰夫さん「芸能界消滅する」

    渡邉裕二

  6. 6

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    忘年会やめて「ボーナス増やせ」

    かさこ

  8. 8

    山本太郎氏「酔っ払い」とも対話

    田中龍作

  9. 9

    韓国で見た1400回目の反日デモ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    ジャパンライフ被害男性の証言

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。