記事

「偏見」持って警戒する

川崎の無差別殺傷事件について、どこに怒りをぶつければいいのかも分からず、防ぎようがないただただ悲惨な事件というしかない。

子供が外で行動してたら、必ず見守らなければならないとしたら、子供監視国家になる。

ただ一つ思いつくのは、「偏見」の重要さである。
近所に危ない奴がいる、異常な雰囲気の奴がいる、なんか恐い奴がいる、孤独で絶望してそうだ、そんな奴がいたら、近所の大人たちが常に警戒しておくか、警察に届けて巡回訪問してもらうべきじゃなかろうか?

「偏見」も社会秩序を守る一つの有効な手段ではないか?
共同体が壊れても、きちんと挨拶ができないとか、ちょっとしたことで怒鳴り込んでくるとか、そういう奴には「偏見」を持って、近所で噂しあい、警戒しておくことが必要だろう。
子供に近寄らせないように見張っておく必要がある。

それは差別に繋がるとか、リベラルぶって言う奴は、孤独な絶望者と大いに関わりをもって、社会を恨まないように交際していてほしい。
そんなリベラルなら敬意を表する。

あわせて読みたい

「川崎殺傷事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。