記事

「身体だけでなく生活環境も診断」途上国の医療支援

1/2

医療が身近な日本。しかし一方で、同じアジアの地域の中には、近くに病院も、病気への知識もなく、病気になっても適切な治療が受けられない人たちがいます。ラオスやカンボジアを中心にアジアの子どもたちへ医療支援を行いながら、現地の医療スタッフ育成や人々の生活改善など多角的な面から支援を続けているNPOを紹介します。(JAMMIN=山本 めぐみ)

病院運営と指導を通じ、現地の医療をサポート

「アンコール小児病院」外来のトリアージデスクと、取り囲んで順番を待つ患者たち。1日600名ほどが診察に訪れる

「医療従事者として医療支援をするのはもちろんだが、多角的な面から状況を捉え、治療だけでなく、教育や予防に力を入れることも私たちのミッション」。そう話すのは、NPO法人「フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN」(以下「フレンズJAPAN」、東京)の代表理事を務める赤尾和美(あかお・かずみ)さん(56)。赤尾さんは看護師として、1999年より途上国の小児医療の現場に携わっています。

現在はラオスの古都・ルアンパバーンにある「ラオ・フレンズ小児病院」で活動する赤尾さん。日本とテレビ会議でつなぎ、お話を伺いました。

お話をお伺いした赤尾和美さん。ラオスのご自宅での1枚

「私たちは、1999年にカンボジアに『アンコール小児病院』を設立し、以来この病院を運営しながらスタッフの教育にも力を入れてきました。2013年にこの病院が『カンボジア人によるカンボジア人のための病院』として自立し、運営面では私たちの手から離れました」

「新たなプロジェクトとして2015年、ラオスに『ラオ・フレンズ小児病院』を設立し、現在はこの病院の運営が一番大きなプロジェクトです。ミャンマーでも活動していて、現地のNGOと協力し、農村部の子どもたちの健康を守るために衛生教育や健康診断、家族に向けた栄養教育などを行っています」

医療が「遠い」現実

「ラオ・フレンズ小児病院」の全景。この病院は「ルアンパバーン県立病院」の敷地内にある

途上国の人たちにとって「医療が遠い」現実がある、と赤尾さん。「病院が近くにないという距離的な意味だけでなく、いろんな意味で医療が遠い」という理由について、次のように指摘します。

「日本のように至るところに病院があるわけではありません。診療所や病院まで距離があるし、インフラも整っていないので道も悪路です。こういった物理的な原因のほかに、もう一つは『知識が足りていない』ということ。治療をしなければいけないということを知らなかったり、いつ行かなければならないかわからなかったりすると、病気はどんどん悪化します」

病院から半日以上かかる村での訪問看護。子どもを診察する赤尾さん。病気だった子どもも無事に回復し、今では元気に学校に通っている

「さらに、信仰などの文化的な背景もあります。特にラオスは、民族によって信じているものが強くある地域。病気になったときに祈祷師に祈ってもらったり、治療のために薬草を煎じたお茶を試したりといったことが第一選択肢であったりもします。ようやく病院までたどり着いたとしても、信じているものが強いと治療を受けずに帰ってしまうということもあるし、『12時間おきに飲んでください』と薬を処方しても、時計を使わないで生活している人たちにとっては、まず時計の概念から勉強することになります」

また一方で、現地の医療倫理や技術が足りていないために、なんとか診療に訪れた患者に対して適切な医療を提供できないケースもあるといいます。

治療費の負担もネックに

山道で立ち往生するトラック。多くの場所でインフラが整備されておらず、患者が病院を訪れるのも、村への訪問看護も一苦労

さらには、経済的な事情も医療を遠のかせる要因になっているといいます。「多くの人たちが農業で生計を立てているので、病気になって働けなくなることは、彼らの収入に関わること。体調がわるくても『まだ大丈夫かな、まだ大丈夫かな』で後回しになってしまう」。

「これまで診察した患者さんの中には、骨折をそのまま放置して炎症が骨の中にまで及んでいたり、悪性の腫瘍を放置してものすごく大きくなっていたり、最初は軽い風邪だったものが肺炎を引き起こすまでになっていたことも。『もう少し早く来てくれたら』と感じることは多々あるのですが、病院へ行くということは、その日の仕事の手を休めなければならないということ。稲刈りの時期などは特に、1日1日がとても重要。体調がどうであれ仕事の方が優先されるような状況があります」

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  5. 5

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  6. 6

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  7. 7

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  8. 8

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  9. 9

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  10. 10

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。