記事

川崎殺傷事件、死亡した39歳男性は外務省元ミャンマー担当


外務省採用案内より

 5月28日、川崎市多摩区の登戸駅近くで、小学生の児童ら19人が、次々と刃物で刺される事件が発生した。襲われたのはカリタス小学校のスクールバスを待っていた小学生やその親などで、小学6年生の女児1人と、39歳男性の死亡が確認された。 

 神奈川県警は、死亡した39歳の男性が、外務省職員の小山智史さんだと発表した。子供の見送りに来て、後ろから背中を刺されたとみられている。 

 小山さんは、国内外への広報や、文化交流の推進を担当する、広報文化外交戦略課の職員だった。外務省が発行した『専門職員採用案内』2014年版には、「とにかくミャンマーが好き」と語る小山さんの姿があった。 

「外国語大学に入学する際、特に希少そうなミャンマー語に魅力を感じて専攻しました。生まれて初めての海外旅行先はもちろんミャンマーで、当時まだ軍事政権時代でしたが、負の要素をまったく見せずに活き活きと暮らしているミャンマー人に感銘を受けたのを覚えています。その時、漠然とこの国と関わる仕事をしてみたいと思いました」

 2004年に外務省へ入省し、2005年からミャンマーに約5年滞在した。最初の2年は大学での語学研修、あとの3年はミャンマーの日本大使館での勤務だったという。当初、ミャンマー語での会話に苦労したため、カラオケでミャンマーの歌を歌って練習したという。

 現地滞在中は、大使館での政務に加え、要人訪問時の通訳もこなしていた。

 2013年に外務省から出されたレポートで、小山さんは「特に大変だったのは、昨年、日本政府が派遣したミャンマー文化・スポーツ交流ミッションに同行した時です。大統領に加えて3閣僚、それぞれ一時間以上の会談を、朝から、昼食も抜きで通訳しました。しかもその会談の記録を、その日の内にほぼすべて自分で作らなければならず、あの日は全て終わった後はさすがに灰色になってましたね…」と語っていた。

 同年、ノーベル平和賞受賞者のアウン・サン・スー・チーさんが訪日した際、担当官として京都日程に同行した。買い物では通訳をつとめ、日本のお菓子が好きなスー・チーさんから、「お菓子担当」に任命されたという。 

『採用案内』の中で、小山さんは「日本の国益のために働きながら、ときにはミャンマーの立場に立って、日本がミャンマーを正しく理解できるようなイベントなど、両国の交流が進むアイデアを出していきたい」と意欲に燃えていた。

 国際交流にかけるそんな熱い想いは、突然の凶行で一瞬にして奪われてしまった。 

あわせて読みたい

「川崎殺傷事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  6. 6

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  7. 7

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  8. 8

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。