記事

川崎市の殺傷事件の影響?テレ東、放送予定の映画を変更 連続殺人事件題材の『コピーキャット』から『ホーム・アローン3』へ

「編成の都合上変更した」とのことです
「編成の都合上変更した」とのことです

テレビ東京は5月28日、翌29日の「午後のロードショー」内で放送予定だった『コピーキャット』を『ホーム・アローン3』に変更した。キャリコネニュースの取材に、同社宣伝部の番組担当者が答えた。

放送予定だった『コピーキャット』は1995年にアメリカで製作されたもの。サンフランシスコで発生した女性を狙った連続猟奇殺人事件が、過去の事件の模倣犯だと気づいた犯罪心理学者と刑事が、犯人に迫っていくサスペンスだ。

担当者「番組編成上の都合のため」


一方、『ホーム・アローン3』は、家で留守番をしていた8歳の少年が、家に入ってきた4人の泥棒に一人で立ち向かうコメディ映画。1990年公開の同シリーズ3作目で、1998年に公開された。

放送内容変更の理由を、同社担当者は「番組編成上の都合のため」としている。ネットでは、川崎市登戸駅近くで28日に起きた、カリタス学園の児童らを狙った殺傷事件の影響ではないかと推測する声も多く出ている。

あわせて読みたい

「川崎殺傷事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  4. 4

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  5. 5

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  7. 7

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  8. 8

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  9. 9

    30万円給付に与党からも不満続出

    藤田孝典

  10. 10

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。