記事

“千葉のドン”2世 元交際相手に送った「中絶望む」メール

ドンの2世にトラブル(HPより)

 いまや2世議員が溢れるのは国会ばかりではなく、地方議会でも──今春の統一地方選ではその流れが顕著だった。

 千葉県議選で初当選を果たした自民党公認の佐藤健二郎氏(43)も“千葉のドン”として君臨した元自民党千葉県支部連合会総務会長、佐藤正己・県議(5期20年)の勇退に伴い地盤を継いだ。が、さっそく資質が問われるトラブルを抱えている。

 佐藤氏と1年半前まで交際していた都内在住の会社員・A子さん(38)が告白する。

「交際を始めて3年半が経った2017年末に妊娠がわかりました。報告を受けた彼は『子供ができたなら結婚だな』と言いましたが、直後に些細な喧嘩になって年明けに『結婚できない。中絶してほしい』と伝えてきたんです。私が中絶しないと伝えると話はさらにこじれ、双方の家族を交えて話し合うことになりました」

 2018年3月と翌4月の家族会議には、父の正己氏とその秘書も同席した。

「その会議の間に彼は『実はもう次の女性がいて』と言い出した。私もすでに中絶ができない時期になっていたので、2回目の会議では認知に向けて話し合いました。ところが、その会議を終えてからも彼の代理人から文書で〈生まないという選択をされた場合には、一切の解決金として200万円という提案〉が届き、私の父にも彼から〈中絶を強く望んでおります〉〈説得をしていただけませんでしょうか〉と頼むメールが来ました」

 A子さんは昨年8月に出産するが、驚くことに佐藤氏はその2か月前に別の女性と結婚していたという。12月上旬に自民党の公認が決まった佐藤氏は、DNA鑑定の結果によって同月末にようやくA子さんの子を認知した。

 佐藤氏は「2018年1月初旬に(彼女は)産まないと言っていた」など事実関係に誤りがあると指摘した上で書面でこう説明した。

「結婚は、約束したことがないので選択しなかったまでです。(中略)認知を拒否したのではなく、子供が生まれてから裁判所の手続きによるDNA鑑定を経て認知しないと、後になって、間違った認知だという横槍を入れる人がいて紛糾することがあるという話を聞きました。(中略)子供が生まれてから裁判所の手続きによるDNA鑑定を経て認知するということにしたのです。この方法が、将来的に紛争を招かず、子供のためになります」

 現在も2人の間で養育費の金額をめぐって調停中だという。佐藤氏の真新しい議員HPには政策として「子育て」を一番に掲げられているが、私的な子育て問題は解決していないようだ。

※週刊ポスト2019年6月7日号

あわせて読みたい

「中絶」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  2. 2

    「TV局は株主」吉本の癒着を暴露

    BLOGOS編集部

  3. 3

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  4. 4

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    男の愛撫は痛い SOD女性社員訴え

    AbemaTIMES

  6. 6

    宮迫への無神経質問に非難が殺到

    女性自身

  7. 7

    よしのり氏 山本太郎に投票した

    小林よしのり

  8. 8

    韓国の日本大使館突入に抗議せよ

    tenten99

  9. 9

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

  10. 10

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。