記事

川崎襲撃男の自宅で応対した男性「彼はほとんど家にいない」

AFP=時事

 5月28日朝、川崎市多摩区の登戸駅付近で起きた刺傷事件。現場から約1.3キロの位置にある「カリタス小学校」のスクールバスを待っていた小学生やその親などが襲われ、小学6年生の女児1人と30代男性の死亡が確認された。この2人を含め、子供たちなど19人が被害に遭ったという情報もある。

【事件現場写真】奥に「カリタス学園」のバスが見える

 両手に包丁を持って子供たちを襲った男は現場で確保されたが、自分の首のあたりを刺しており、搬送先の病院で死亡が確認された。

 確保されたのは、川崎市麻生区に住む51歳の男。神奈川県警が動機や背景の捜査を進めている中、本誌・週刊ポストが確保された男の自宅に電話すると、親族とみられる男性と接触することができた。記者が名乗った上で、確保された男の名前を告げて「そちらに(住んで)いるのか」と聞くと、「いるような、いないような」と回答した。以下、一問一答だ。

──そちらに警察から連絡などはありましたか。

「いま、おまわりさん来てるよ」

──そうでしたか。事件についてですが……。

「事件のことなんて何もわかりません」

──事件の前までも、男は自宅にいたのでしょうか。

「ほとんどいないよ。いまはいない」

──一緒には暮らしていなかったんですか?

「暮らしているってものではないですね」

 このあと、男の生活状況について尋ねたが、電話は切られた。男が死亡した中で、事件の動機や背景にどこまで迫れるか。捜査はこれから本格化する。

◆取材/宇都宮直子(ジャーナリスト)

あわせて読みたい

「川崎殺傷事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  2. 2

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  3. 3

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  4. 4

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    藤浪と会食の若手アナが出勤停止

    文春オンライン

  6. 6

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  7. 7

    コロナ疎開 佐久市長の発信支持

    小宮山洋子

  8. 8

    コロナ発症の1~3日前から感染か

    ロイター

  9. 9

    通勤で不可避 電車での濃厚接触

    諌山裕

  10. 10

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。