記事

急速に進む自動車業界の再編

  5月27日、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、フランス大手ルノーに対し経営統合を申し入れた。これが実現すれば、日産、三菱自を会わせて、世界一の販売台数となる。

  環境問題にどう対応するか問題をはじめ、自動車業界はCASE、つまり、Connected(つながる車)、Autonomous(自動運転)、Shared(配車サービスなど)、Electric(電気自動車)という大きな変革の波にさらわれているが、これに対応するには一社だけでは無理で、数社による連合体が不可欠となる。

 2018年の自動車(新車)販売台数では、フォルクスワーゲングループが1083万4000台で1位、ルノー・日産・三菱自グループが1075万6875台で2位、トヨタグループが1059万4000台で3位である。この3社の熾烈なトップ争いが続いているが、日産・ルノーグループは2016年の三菱自動車を傘下に収めて以降、販売台数が急増し、2017年には世界のトップに躍り出ている。

 これはゴーンの拡大戦略が成功したものであるが、同時にゴーンの不正経理が明るみに出てきた。2018年春頃である。そして、11月には東京地検に逮捕されている。ルノーとの統合を嫌う日産幹部のクーデターだと言われている。

 実質的にフランス政府がオーナーのルノーは、まず日産を統合し、その勢いでフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)を統合したいのである。しかし、日産がその方向で動く保証はない。

 日産とルノーは経営統合をめぐって駆け引きを続けているが、世界全体で自動車業界の再編が進んでいることを忘れてはならない。

あわせて読みたい

「ルノー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  2. 2

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  3. 3

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

  4. 4

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  5. 5

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    山本太郎氏「酔っ払い」とも対話

    田中龍作

  7. 7

    梅宮辰夫さん「芸能界消滅する」

    渡邉裕二

  8. 8

    日韓の「こじれ」朝日新聞に責任

    NEWSポストセブン

  9. 9

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  10. 10

    ケンコバ語るTV業界の忘年会離れ

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。