記事

まだ5月なのに北日本・東日本で猛暑日

まだ5月というのに、上空に暖かい空気が入り込んだ影響ということですが、北海道をはじめ全国各地で気温が上がり、猛暑日(気温35度以上)になっています。

昨日26日は、北海道佐呂間町で39.5度、帯広市で38.8度、北見市で38.1度など、北海道の道東部を中心に34地点で年間の最高記録を更新した、ということです。

北海道で5月に35度以上になったのは、観測史上初めてのこと。気象庁によると、山越えの暖かい風が吹き下ろすフェーン現象も加わったそうです。

この他、福島市で35.3度、群馬県桐生市で35.4度など、全国275地点で5月の最高気温を更新しました。昨日から、母のケア等のため東京に来ていますが、東京都心も今年最高の32.6度で、日傘が欠かせず、まるで真夏のようでした。

帯広市のJR帯広駅前に設置さえた温度計は、正午過ぎに40度まである最上部まで目盛りが上がり、JR北海道は、急激な気温上昇の影響でレールが伸びてゆがむ恐れが出たため、北海道北部や東部を走る列車40本以上を運休させました。

そして、今日27日も、帯広市などで35度を超える猛暑日になっていて、今日の日中もIR北海道では多くの列車を運休する見込み、ということです。

東北や関東でも35度以上の猛暑日になっていて、まだ体が熱さに慣れていないので、熱中症への警戒が呼びかけられています。

それにしても、このところの気候は、何が異常かがわからなくなるほど、異常気象が続いています。

日本を訪れているトランプ米大統領は、温暖化はでっちあげだなどと言って、パリ協定からも脱退してしまいました。

世界各国あげて地球温暖化、気候変動に取り組まないと、取り返しがつかないことになると思います。仲良しぶりをアピールしている安倍首相には、こうしたトランプ大統領が後ろ向きの政策についても苦言を呈して、一緒に取り組むよう働きかけてほしいと思います。

あわせて読みたい

「地球温暖化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  4. 4

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  5. 5

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  7. 7

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  8. 8

    30万円給付に与党からも不満続出

    藤田孝典

  9. 9

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  10. 10

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。