記事

まだ5月なのに北日本・東日本で猛暑日

まだ5月というのに、上空に暖かい空気が入り込んだ影響ということですが、北海道をはじめ全国各地で気温が上がり、猛暑日(気温35度以上)になっています。

昨日26日は、北海道佐呂間町で39.5度、帯広市で38.8度、北見市で38.1度など、北海道の道東部を中心に34地点で年間の最高記録を更新した、ということです。

北海道で5月に35度以上になったのは、観測史上初めてのこと。気象庁によると、山越えの暖かい風が吹き下ろすフェーン現象も加わったそうです。

この他、福島市で35.3度、群馬県桐生市で35.4度など、全国275地点で5月の最高気温を更新しました。昨日から、母のケア等のため東京に来ていますが、東京都心も今年最高の32.6度で、日傘が欠かせず、まるで真夏のようでした。

帯広市のJR帯広駅前に設置さえた温度計は、正午過ぎに40度まである最上部まで目盛りが上がり、JR北海道は、急激な気温上昇の影響でレールが伸びてゆがむ恐れが出たため、北海道北部や東部を走る列車40本以上を運休させました。

そして、今日27日も、帯広市などで35度を超える猛暑日になっていて、今日の日中もIR北海道では多くの列車を運休する見込み、ということです。

東北や関東でも35度以上の猛暑日になっていて、まだ体が熱さに慣れていないので、熱中症への警戒が呼びかけられています。

それにしても、このところの気候は、何が異常かがわからなくなるほど、異常気象が続いています。

日本を訪れているトランプ米大統領は、温暖化はでっちあげだなどと言って、パリ協定からも脱退してしまいました。

世界各国あげて地球温暖化、気候変動に取り組まないと、取り返しがつかないことになると思います。仲良しぶりをアピールしている安倍首相には、こうしたトランプ大統領が後ろ向きの政策についても苦言を呈して、一緒に取り組むよう働きかけてほしいと思います。

あわせて読みたい

「地球温暖化」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事は若者からかけがえのない時を奪うのを止めろ

    青山まさゆき

    04月12日 22:14

  2. 2

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  3. 3

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  4. 4

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

  5. 5

    居住実態なく当選無効 スーパークレイジー君市議「徹底抗戦」

    ABEMA TIMES

    04月12日 20:58

  6. 6

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  7. 7

    「これさえあれば何も怖くない」新たなスタートを切った加藤浩次、現在の心境を語る

    ABEMA TIMES

    04月12日 08:45

  8. 8

    <NHK『クローズアップ現代』TBS『あさチャン!』終了>全ての報道情報番組は権力の外に立て

    メディアゴン

    04月12日 08:39

  9. 9

    コロナの影響はどの地方でも深刻

    大串博志

    04月12日 08:25

  10. 10

    コロナが紙の新聞部数に与えた影響

    島田範正

    04月12日 17:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。