記事

オランダ人には不思議な"日本人の休み方"

2/2

三週間は休まなければ、それは休みではない

筆者は2カ月前からオランダに住んでいるが、ヨーロッパに来てまずビックリしたのはお休み(Holiday)の概念が日本とはまるっきり違うことだ。

移住する前は恋人が住むオランダへ年3回渡ったが、期間はそれぞれ10日間ほどだった。日本人の感覚でいえばかなり思い切って休んでいる方だが、恋人の会社の同僚たちと食事に行った際にそのうちの一人からひどく驚かれた。

「いつまでいるの?」
「来週帰るよ。」
「え!!? 短すぎるわよ!!」

休めば休むだけ収入が落ちる無情なフリーランス業だった私が、生活と恋人を天秤にかけて精いっぱい考えた結果が10日間だったわけだが、ヨーロッパの人々にとっては海外に来るにしては信じがたいほど短かったのだろう。

前述の通りヨーロッパでは有休休暇が平均25~30日程度与えられているが、国民の大部分がその有休を一気に消化する。というのもまず彼らの感覚として、Holidayというのは3週間がスタンダードだ。

最初の1週間で“仕事の気分を捨て去る”。次の1週間で“思い切り神経をリラックスさせて脳をほぐす”。そして最後の1週間で“楽しみつつ少しずつ仕事のマインドに切り替える”という感じだ。

そんな彼らからしたら、10日間のゴールデンウィークも「何その中途半端なHoliday?」という感じだろう。

フリーランス稼業は本当に自由なのか

全力で三週間羽を伸ばすことよってその後の仕事の効率も上がるそうだが、それをまねするのは日本人には難しい。

フリーランスになれば、“理論的”には自分の好きなタイミングで好きなだけ休みを取ることが可能だが、実際その通りにすることは難しい。

前述の通り、休めば休むだけ収入がダイレクトに減るし、休んでいる間に大きな仕事のチャンスを逃すかもしれない恐怖もある。フリーランス経験者なら、分かる方も多いだろう。

だが長く休めないからといって悲観する必要はない。あるニューヨークの心理セラピストによれば2、3日の小旅行でも精神的には長期休暇と同じ程度、あるいはそれ以上のリラックス効果があるというのだ。

一つは、気持ちがポジティブになり鬱になりにくくなること、そして仕事への集中度や生産性があるということがある。またストレスからくる頭痛や腰痛が緩和されるというデータもあり、身体的にもメリットがあるということが分かっている。

いい意味で何も期待しない「小旅行」のすすめ


祝日の多い日本では頻繁に遭遇する三連休、ベッドでゴロゴロとしたり家の雑用をするだけであっという間に終わってしまう人も多いと思うが、例えばそれに一日有休を足して小旅行に行くのはどうだろうか。

海外でも国内でも良いが、普段の生活から切り離せる方がより良いだろう。重要なのは、その数日間の休みの中に一切仕事を持ち込まないこと。

メールやSNSの通知を完全にオフにすることは今のご時世では勇気がいることだが、一度やってみることをオススメする。旅行中だけでも、アプリを消去するもの手だろう。

そしてもう一つは、旅行中のやることリスト・行くところリストを作らないこと。このリストがある限りその旅行はある意味「クリアするべきタスク(=仕事)」になり、結果予定通りにいかないとストレスがたまるという逆効果になってしまう。

筆者も以前、初めてパリに行く際に友人にオススメのレストランリストを作ってもらったのだが、それによって自分の首を絞めた経験がある。

海外のレストランでは営業時間通りに店へ行ってもオープンしていなかったり、急に臨時休業することも多いため、旅行前に考えたオススメレストラン巡回プランが全く機能しなかった。自分の完璧(のはずだった)プランが一瞬で崩れた瞬間、楽しいはずの旅行がどこか苦いものになり、罪のない恋人の前でこれでもかと不機嫌になった。

本当にどうしようもない話だが、この経験のおかげで今後旅行では一切具体的なプランは立てないことに誓った。

日本ではともかく、海外の知らない土地では何もかもが予測不可能であり、基本的にプラン通りに進むことなんてありえない。それを知っていると随分気持ちが楽だ。

行きたいレストランや行きたい美術館をチェックしたとしても、いつ・どのタイミングで行くかは現地に着いて何となく気分で決めるのがいい。旅行中はいい意味で何にも期待せず、ただその場にいることを楽しんでみよう。

そうすることで目の前の景色や体験を十分に吸収でき、自分にとってよりプラスになる息抜き体験になるはずだ。

----------

三浦咲恵(みうら・さきえ)
フォトグラファー
1988年大分県生まれ。米・サンフランシスコにて写真を学ぶ。帰国後スタジオアシスタントを経て、2014年鳥巣佑有子氏に師事、16年独立。雑誌や広告、Webを中心に活動。19年3月オランダに移住。欧州や日本の仕事を行ったり来たりしながら、オランダでのゆるやかな日々を楽しむ。オランダの牛乳が美味しい。Sakie Miura Photography

----------

(フォトグラファー 三浦 咲恵 写真=著者)

あわせて読みたい

「有給休暇」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  3. 3

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  4. 4

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  5. 5

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  6. 6

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  7. 7

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  8. 8

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  9. 9

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  10. 10

    東京の飲食店は来週月曜日からどう変わる?

    内藤忍

    06月19日 16:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。