記事

オランダ人には不思議な"日本人の休み方"

1/2

今年の10連休は、史上最長となったが「休めなかった」という声も聞く。なぜ日本人は休みを満喫できないのか。オランダに移住して2カ月のフォトグラファー・三浦咲恵さんは「全国民一斉に同じ日に休むなんて健全ではない。祝日を喜ぶのは子どもだけだ」という――。

オランダの働くお父さんは18時にはソファに座る

日本人は働きすぎだ、というのはもはや世界の一般常識になっている。

朝は7時台の満員電車で出社し、夜は22時台に帰宅というのは珍しくない。カレンダー通りに働き、有休を使うのは緊急事態やどうしても外せない予定の時だけで気づいたら休日出勤もしている、というのは多くの人に身に覚えがあるのではないだろうか。

もちろん働くのが悪いわけではない、しかしそれが当たり前だと思うことに少々問題がある。ヨーロッパ、その中でも筆者の住むオランダを例に見てみよう。

日本人からすれば驚くべき話だが、オランダ人は基本的には17時には家に帰る。そして、家族そろって夕食を楽しむのだ。

オランダの家は壁の面積が少なく窓が広いのが特徴だが、彼らの多くはなぜか一切カーテンを閉めない。近所の家の中をのぞくとまだ外が明るい18時頃にお父さんがソファに座ってのんびりテレビを見ているのがよく分かる。なんとも和む風景だ。

写真=著者、以下すべて同じ

それゆえにレストランも閉まるのが早い。18時に行けば満席で、20時に行けばほとんど客はおらず、21時に行けばもうラストオーダーの時間だ。どんなにおしゃれなカフェでも18時には閉まり、本屋や美容室や歯医者などは基本的に日曜日は閉まっている。

いつでも行ける、が当たり前の日本人からしたら最初は不便に感じるが、慣れてしまえばなんてことない。

本当に必要なのは深夜のアイスではなく、冷蔵庫だ

そもそも日本は便利なサービスを提供しすぎている気がする。

365日24時間営業のコンビニはあれば便利だが、別に無くても生きていける。牛丼を夜中に食べたくなっても我慢すれば良い。深夜一時まで営業している駅のスーパーを日が変わって利用したことはあるが、無ければ無いで次の日に買い物をするだけだ。

余談だが、筆者は自販機まで歩いて一時間かかる森の中で18歳まで何不自由なく育った。必要なのは冷蔵庫と冷凍庫だけだ。

夜中3時に食べるコンビニのアイスは素晴らしいかもしれないが、それが23時になってもさして感動は変わらないはずだ。セブンイレブン、それで十分じゃないか。


要はそれを支える人たちの労働時間を減らすことによって、巡り巡って社会全体の労働時間が抑えられるのではないかと思うのだ。

多くの人が17時に会社を出る国でも、経済はきちんと回っている。需要がなければ供給も生まれないので、少しずつでも便利すぎるサービスから離れてみるのはどうだろうか。難しいかもしれないが。

それにもう一つ、日本人の働きすぎのイメージを作っている原因として3年連続で世界最下位の有休消化率がある。

年間30日間、100%の消化率で有休を取るブラジル、フランス、スペイン、ドイツに対し、日本は50%の消化率で10日間にとどまる。そもそも日本では自分に与えられた有休日数を知らない人も多い。

フランスやスペインはともかく、ドイツなんて勤勉なイメージがあるのに……と思うが、そもそも有休に対する姿勢がヨーロッパと日本ではだいぶ違う。

ヨーロッパの人たちにとっての有休は、いうなれば仕事中にお手洗いに行くのと同じレベルの当たり前に与えられた権利であるのに対し、日本人にとっては「どうしても休みたい時にその都度使う必殺のカード」である。

理論的には一気に消化することが可能でも実際会社を見渡すとそんなことはとてもできない雰囲気なのではないだろうか。

ヨーロッパと日本の会社員の休日数はほぼ変わらない

ヨーロッパの人々にとって有休の概念がそもそも違うことに加え、オランダ人の国民性が超個人主義ということも、結果的に上手に休む秘訣なのかもしれない。

日本人のように、周りがこうだからこうする……という考えを絶対に持たない彼らは、かつての「3.11」の際も多くの大使館が撤退する中あえて日本から撤退しなかった。決して本国から残るように命じられたわけでもない、大使・職員たちが情報を吟味した上で個人の決断によって残ることに決めたのだ。

当たり前のように自分で考え、周りに流されずにやるべきことをやるという気質であるため、早く仕事を切り上げて家に帰ることもお手の物だろう。

しかし実は10日間しか有休を取らない日本人も、25日中24日とほぼ100%の有休消化をするオランダ人と年間労働日数は変わらない。理由は簡単、日本は祝日の数が先進国の中でずばぬけて多いのだ。

2019年に至っては、ヨーロッパの平均が10日間程なのに対し、日本では22日間と圧倒的だ。

祝日の一つが土曜日にかぶってしまった今年のオランダは祝日だけみるとたったの8日間(振替休日という概念はない)で、ゴールデンウィークにも及ばない。そういう訳で、祝日22日+有休10日の日本と、祝日8日+有休24日のオランダは、内訳は違えど休んでいる日数は同じなのだ。

GW10連休が示した祝日の価値

結論から言おう。祝日の数が多くてうれしいのは子供だけではないか。

自分で好きな時に休みを取る権利を持たない子供は、当たり前だが祝日を有り難がる。しかし働く大人にとっては、日本の多すぎる祝日こそが、有休を取りにくくしている一番の原因なのだ。

それに拍車をかけるべく政府は2016年、20年ぶりに「森の日」という祝日を新設したわけだが、そもそも国に決められたタイミングで全国民一斉に休みを取らされるこの状況のどこが健全なのだろうか。

その問いの答えとして、今年のゴールデンウィークがある。

過去最長とも言われた今年の十連休は新元号のスタートも重なり、テレビの中ではどこかお祭りムードであっただろう。

しかしながら連休前のインターネット調査(全国の20~69歳が対象)によれば、ゴールデンウィークが「楽しみだ」と答えた人は全体のわずか4割。一方で「楽しみではない」と答えた人がそれを上回る6割という何とも後ろ向きな結果が出ていた。

理由は前述した通りで、全国民が一斉に休む混雑の中でそうそうリラックスできないということだ。渋滞していると分かっているのに車を走らせて遠くへ行ったり、飛行機代が高騰していると分かっているのに海外へ旅行するなど、やりたくない人が大勢いるのは当たり前だ。

あわせて読みたい

「有給休暇」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの躍進で連合は無力化か

    田中龍作

  2. 2

    TENGA社員 女性の自慰行為は普通

    AbemaTIMES

  3. 3

    YOSHIKIスカーフ騒動 英で笑いに

    小林恭子

  4. 4

    米大統領 日韓対立の解消支援へ

    ロイター

  5. 5

    ブッフェで食べ残しがダサい理由

    東龍

  6. 6

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

  7. 7

    米国も懸念示す韓国の北朝鮮支援

    PRESIDENT Online

  8. 8

    「アベやめろ」は単なる選挙妨害

    かさこ

  9. 9

    宮迫博之を干す世論のいじめ行為

    岩田健太郎

  10. 10

    内田樹氏 日本人は対米従属に

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。