記事

監視社会化と日韓約束否定:中韓の確信犯的暴走

1/2

 単なるスローガンに聞こえた「中国の特色ある社会主義」が国民を縛り付ける監視社会化の実体を備えてきました。日本との国家約束を切り捨てる韓国ムン政権の暴走も確信犯的な「脱・西側社会」に見えてきました。中韓両国の向かう先は、これまで主導的だった西側の自由主義社会とは相容れません。同時に両国の経済基盤が揺らいでおり、無理無茶を通せるかは経済的安定が保てるかに係っていると指摘できます。

《中国の「監視社会化」はここまで徹底》

◇街頭の監視カメラで顔認証し行動分析

 2017年に中国で赤信号で横断歩道を渡るとカメラで顔認証されて顔写真と氏名が街頭大型ディスプレイに晒されるようになったと報じられた驚きと違和感を、第569回「中国の目指すSF的な個人行動管理社会が見えた」 で書きました。当時は監視システムが何をしているのか想像するしかありませんでしたが、TechCrunchによる《中国のとあるスマートシティ監視システムのデータが公開状態になっていた》が実情を暴露してくれました。中国クラウド上のデータベースに鍵が掛かっていなかったのを、研究者がたまたま発見した結果です。

 《このシステムが監視しているのは、北京東部の少なくとも2つの小さな住宅コミュニティ周囲の住民たちだ。その中でも最大のものは市の大使館地区として知られるLiangmaqiao(亮馬橋)である。このシステムは、顔認識データを収集するように設計されたカメラを含む、いくつかのデータ収集ポイントによって構成されている。公開されたデータには、人々がどこに、いつ、どのくらいの時間滞在していたのかを個別に特定し、ある個人の日々の生活を割り出せるだけの詳細なデータが、誰でも(もちろん警察でも)アクセスできるかたちで含まれていた》

 顔認証を使って多数派の「漢族」か、受難の渦中にある少数民族「ウイグル・ムスリム」かなど民族を判断し、人相や表情まで記録していると言います。赤信号での横断晒しもの化は表面に現れた枝葉末節に過ぎませんでした。

◇国民に点数を付けて管理する社会に

 監視カメラによってイベントに集まった群衆から指名手配者が大量に逮捕されたとの報道も見ますが、最大の目的は普通の人の行動を監視して管理する社会実現です。 ニッセイ基礎研REPORT《あなたの‘信用’、何点ですか?―中国12都市をモデルに進む「社会信用システム」とは?》を見ましょう。

 2020年までに国民の社会秩序を確立させる「社会信用システム」の構築を目指していて、2018年1月から南京・蘇州・成都・杭州など12のモデル都市でスタートしたと言います。山東省威海市の例が詳しく述べられており、模範レベルが「1150点以上」、普通レベルは「1000-1049点」、警告レベルなら「801-949点」、最低の不信用レベルが「800点以下」です。減点項目が圧倒的に多く、加点が少ないのが特徴的で、減点・加点項目一覧を以下に引用します。

 例えば、社会信用システムの判定によって移動の自由が奪われます。中国では航空券や列車乗車券の購入に身分証明が必要です。2019年3月にThe Guardianは社会信用システムの落後者に対して「2018年末までに1750万回の航空券購入を禁止」「550万回、列車乗車券の購入を禁止」と報じています。海外に出るためのパスポート交付ももちろん受けられません。

 AI監視システムが習近平政権が推進する経済外交構想「一帯一路」のインフラ整備に加えられる形で輸出されているとの指摘があり、市民社会の歯止めが利かぬ途上国などで人権抑圧が広まる可能性があって不気味です。ニューズウイーク日本版の《中国が世界54カ国にAI監視技術を輸出》をご覧ください。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「デルタ株とは違う」医療現場から嘆き 社会制限だけでなく適切な医療体制の構築急げ

    石戸 諭

    01月21日 14:30

  2. 2

    若者よ!やっぱり「FIRE」はやめなさい!

    内藤忍

    01月21日 12:24

  3. 3

    立民・菅直人元首相、維新を挑発するも、公開討論を持ちかけられると拒否

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月22日 09:51

  4. 4

    中国製EV導入で高まる日本人の生活丸裸の懸念 - 山崎文明 (情報安全保障研究所首席研究員)

    WEDGE Infinity

    01月21日 13:06

  5. 5

    「数百円なのにおいしくて清潔」そんな食事が気楽にとれる先進国は日本だけという事実

    PRESIDENT Online

    01月21日 11:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。