記事

「地毛証明書出せばよかったわ~」と言いたがる、イキリ陽キャの是非 社会学者が考えてみた - 富永 京子

 もう15年も前の話になるが、高校時代に、今で言う「イキってる」クラスの男子が、「地毛証明書を出しておけばよかった。そうすれば髪を染めて高校に来れるのに」とぼやいていた。地毛証明書とは、髪の毛が黒色でない生徒がそれを学校側に証明するための書類である。「地毛証明」なのだから、染髪したい生徒が出す書類ではない。

 いわゆる陰キャである私は「ああ、こういうバカがいるから『本当の』茶髪や金髪の子が割を食うのか。だから地毛証明書が必要になるんだろうな」と率直に思ったし、なんなら「みんな我慢してるんだから我慢しろよ」と、彼の自由が制約されることを腹の中で喜びすらしたかもしれない。

 しかし、なぜ私は、彼に対して「染髪する自由」があると考えなかったのだろうか。彼が染髪したとして、私、あるいは「本当の」茶髪や金髪の子になにか不利益があったというのか。なぜ、校則ないしそれを押し付ける学校のほうが問題だ、という考えに思い至らなかったのか。


©iStock.com

 近年、靴下の丈や下着の色、髪の色などをめぐる、理不尽な中学校・高校の校則として「ブラック校則」が話題になっている。こうした「ブラック校則」に対して「#この髪どうしてダメですか」といったハッシュタグや、「校則一揆」を奨励する活動も盛り上がっている。ニュースサイトやウェブの記事を読んで、立ち上がる生徒さんのすがたに背中を押された人も多いだろう。

「校則は守るもの」という強い通念

 しかし、と私は思う。そもそも、かつての私のように、校則にそこまで不満を持っていない人、「決まりなんだから従うべき」だと考えている人も多いのではないか。むしろ、校則に異議申し立てをしようとする人に対して「わがまま」だ、校則の隙間を縫って自由を謳歌しようとする人々に対して「いいから黙って我慢しろよ」と思う人もそれなりにいるのではないか。

 私は、社会をとりまく制度やシステムに対して理不尽と感じ、抗議や提案をするために声を上げる人々を研究する立場である。このような活動は一般に「社会運動」というが、とくに名前が重要なわけではないので、ここでは忘れてもらっても構わない。

 ただ、人々が理不尽に感じることは、現代社会においてかなりばらばらだ。だからこそ、誰かが自分の関心にもとづいて声を上げると、人びとはどうしても「わがまま」と感じやすい。

 校則に対する抗議も社会運動といえるが、不満をあらわす対象が校則であればなおさら、かつての私のように「わがまま」だと感じる人々は多いだろう。「子どもは学校の決まりを守るもの」という通念はとても強いからだ。

 この記事は、そうした人――つまり、校則を変えたり破ったりする人を「わがまま」だと見なしがちな人――に対して「こういう考え方もあるよ」というだけの記事だ。だから、これを読んで、「私も立ち上がろう」と思わなくても別に構わない。

 ただ、校則を変えようと頑張っている人や、先生の目をごまかして楽しくやろうとする人に対して「わがまま」と感じるのを少しだけ待ってほしいと思って、この記事を書いている。

黒髪のくせに「地毛証明書出せばよかったわ~」というやつの何が悪いのか

 ここからは、過去の私に問いかける形で進めてみたい。

 まず、なぜ「みんな我慢しているんだから我慢しろ」という必要があるのだろうか。「地毛証明書出せばよかったわ~」という陽キャに対し、イキり乙、と思うのも理解できる。

 しかし、過去の私に重ねて言いたいのだが、イキり陽キャの自由を制限することが、自分の自由を拡大することには決してならない。まあ「メシウマ」くらいにはなるかもしれないが、その「メシウマ」は長い目で見ると自分に損をもたらすかもしれない。

 学校だけではなくあなたまでもが「みんな従ってるんだから黙って従え」といった結果、髪型をめぐる規制のほかにも、理不尽な校則はどんどんあなたたちを締め付けてくるかもしれない。「トラブルのもとになるから、お金を持参するな」とか「授業に関係ない本を読むな」とか。そうすれば、あなたが謳歌している自由も侵されてしまうかもしれない。

 あなたが染髪に関心がないなら、無理に校則を変えようと働きかける必要はもちろんない。友達から署名を持ちかけられることがあっても、同調することに抵抗があるなら「考えておく」とか言っておけばいい。ただ、あなたの妨げにならない限り、染髪したがっている人の自由を妨げる必要はないと思う。

それよりはいま、自分らしく生きられない人を救うほうが重要ではないのか

 もうひとつ、あなたに考えて欲しいことがある。それは、あなたの想像する「『本当の』茶髪や金髪の人」について、そして「ふつうではない」ということについてだ。

 地毛証明書の存在は、黒色でない髪が「例外」である、つまり「ふつう」ではない、という認識から出発している。しかし、そもそも「ふつう」ってなんなのだろうか。ここで、「ブラック校則をなくそう!」プロジェクトが提示した調査結果を見て欲しい。地毛が茶髪・金髪の人は10%に近いという。あなたが当初思っていたよりも多いのではないか。

 さらに言えば、「本当の」茶髪や金髪の人が、親の印鑑やサインを得てまで学校に証明するプロセスがどうして必要なのだろうか。そのこと自体、生まれつき茶髪や金髪であることを「ふつうではないもの」として自覚させることに繋がってしまう。

 例えばあなただって「AB型証明書」とか「左きき証明書」とか出させられたら、否が応でも自分が「ふつうではない」と自覚せざるを得ない。そして、そのことをコンプレックスに感じて苦しむだろう。「決まり」や「証明」には、何かそういう「ふつう幻想」を作り出す力がある。

「黒髪ストレートでなければ恥ずかしい」という空気

 前出の調査では、あなたがより身近に感じられるような項目も調査している。「黒髪で、かつ、直毛(ストレート)ではない人」の割合も同時に出しており、黒髪ではない人や、天然パーマやくせ毛の人は40%を占めるというのだ。

 あなた自身(つまり過去のわたし)も結構なくせ毛で悩んでいるが、ここですこし、「縮毛矯正」「ストパー」でググってみてほしい。

 中高生自身や、中高生の親から、「縮毛矯正」や「ストレートパーマ(ストパー)」をかける(かけさせる)かどうかで迷っている、という相談が多くある。その背後には、くせ毛のコンプレックスを解消するためという理由がある。

 コンプレックスは、理想の自分との乖離というよりも「ふつう」との乖離によって生じるものだ。黒髪ストレートになりたーい!というよりは、「黒髪ストレートでなければ恥ずかしい」という空気があるのだろう。あなただって、40%の人が黒髪ストレートではないと知ったら、鏡の前でそこまで悪戦苦闘しなかったのではないか。

 地毛証明書をめぐることがらは、「本当の茶髪や金髪の人」だけの問題でもなく、イキり陽キャだけの問題でもない。実はもっと深いところで、あなたが「ふつうではない」くせ毛に悩んでいること、毎朝ヘアアイロンと悪戦苦闘していることとも、実は繋がっているのではないか。

異議申し立てやズルを「わがまま」と感じないことは、あなたの自由を守ることにもなる

 最後にもう一度言うが、私は「理不尽なことがあったら抗議しよう」と呼びかける立場ではない。異議申し立てなんかして大人や友達からどう思われるか不安だ、「意識高い(笑)」とか「いい子ぶってる」と思われるのが嫌だ、という不安はよく分かる。社会に対して何か「良いこと」をする気恥ずかしさのようなものもあるだろう。

 だから、異議申し立てをする人に対して「わがまま」と感じるのを少しだけやめて、彼らがそういうことをする理由に想像をめぐらせてほしい。それだけでも、私たちの生きる社会はずいぶん風通しのいいものになるはずだ、と思う。

(富永 京子)

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    三原じゅん子氏 野党は恥を知れ

    自由民主

  4. 4

    「何で嘘ついた」宮迫の謹慎に涙

    女性自身

  5. 5

    貯金2000万円で騒ぐより禁煙せよ

    永江一石

  6. 6

    宝の持ち腐れ? ZOZO新商法に疑問

    諌山裕

  7. 7

    立民のやる気ない選挙公約に失望

    篠田 英朗

  8. 8

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  9. 9

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    ペイ3社合同 セブン最大20%還元

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。