記事

「不機嫌」という交渉術 〜トランプ外交の真髄

トランプ大統領が来日した。
が、どうやら不機嫌?

そんなトランプ大統領に、なんとか笑ってもらおうと、あたふたする関係者。
大相撲に、炉端焼き。
最高の「おもてなし」と思ったことが、もしかしてお気に召さなかった?実は迷惑だった?
でも、大人でしょ。大統領でしょ。社交辞令でも楽しんでいる風を装ってくれ。ほんの一瞬でもいいからーーー。

ゴルフ場で自撮りした写真は我ながらうまく撮れた。大成功!
貿易交渉も選挙後にするという言質をとったのもホッとしたが、秘密にしたいことも全部書いちゃうから、また国会対策が大変になるのう。でも、ま、選挙に持ち込んじゃえば皆それどころじゃ無くなるからいいっか。

・・・こうした声が画面からも伝わってくる。

ことほど左様に、「おもてなし」文化国民は「不機嫌」という交渉術に極めて弱い。

あれ?もしかして、つまらない?
なんか気に入らないことある?
会話が途切れているけど、この「間」はつらすぎるわー。

ちょっと、待ってよ。
大人なんだから、ここはなんとか笑って笑顔アピールでないと困るんだけどーーー。
と思いつつも、なにか相手が気に入ることでも言わないと。
・・とついつい口を滑らせ、想定していたことよりも過剰にサービスをしてしまう。

すると、途端に笑顔!
やった!
だが、またすぐ不機嫌に。
で、またまた場を盛り上げるために喜ぶことを言ってしまう。

「自分が言ったのではない。あくまでそちら側からの提案でしょ」実際の交渉に入った時に、そう言われるのは自明である。

ってことで、すでに1日目で「取るものは取った」感のトランプ大統領。

「スマイル、0円」なわけ、ないじゃん。
「不機嫌」はトランプ外交の真髄なのだ。

高笑いが聞こえてくる。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  3. 3

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  4. 4

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  5. 5

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  6. 6

    法に背く吉本 政府は取引やめよ

    郷原信郎

  7. 7

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  8. 8

    よしのり氏 吉本社長は人情ある

    小林よしのり

  9. 9

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  10. 10

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。