記事

トランプ訪日の狙いと日米首脳会談の隠された議題 - 海野素央(明治大学教授、心理学博士)

今回のテーマは、「トランプ訪日の狙いと日米首脳会談の隠された議題」です。ドナルド・トランプ米大統領は5月25日、大統領専用機(エアーフォースワン)で羽田空港に到着すると、早速米国大使公邸に向かい、日本企業のビジネスリーダーとの会合に臨みました。そこでトランプ大統領は、トヨタ、ソフトバンク、デンソーなどの日本企業の投資に謝意を述べ、さらなる投資を呼びかけました。

本稿では、トランプ訪日の本当の狙いと日米首脳会談の隠された議題について述べます。

支持者を意識するトランプ

トランプ大統領には来日中、日本企業のビジネスリーダーとの会合、安倍晋三総理とのゴルフ、大相撲夏場所の千秋楽観戦、炉端焼き店での夕食会、新天皇陛下との会見、日米首脳会談、北朝鮮による拉致被害者の家族との面会、宮中晩餐会及び海上自衛隊の護衛艦「かが」視察といった日程が組まれています。では、この中でトランプ大統領が最も重視しているイベントはどれでしょうか。

圧倒的に「新天皇陛下との会見」でしょう。というのは、トランプ大統領は支持者を集めた集会で、「自分が大統領になって、米国は世界から尊敬されるようになった」と繰り返し訴えているからです。「令和」初の海外国賓という「称号」を利用して、「尊敬を得た米国と自分」を支持者にアピールする絶好の機会です。

トランプ大統領は自身のツイッターに新天皇陛下との写真を投稿することは間違いありません。6月から再選に向けて本格的に選挙運動を開始します。そもそも歴史的なイベントに高い関心を持っている同大統領は、支持者を集めた集会で「新天皇陛下との会見」に言及し、世界が米国に対して尊敬の念を抱いていると主張するでしょう。

従って、日本で敬意を表されている米国と自分を支持者に示すことが、トランプ大統領の最大の思惑になります。

議会民主党へのメッセージ

「新天皇陛下との会見」を最重視する他の理由も挙げてみましょう。国内事情と関係があります。

ロシア疑惑捜査をまとめた「モラー報告書」が公開されました。一部は黒塗りですが、共和・民主両党の元連邦検事がトランプ大統領の司法妨害を認定し、署名運動を起こしています。加えて、議会民主党は下院司法委員会のジェロルド・ナドラー委員長(ニューヨーク州第10選挙区選出)を中心に、ロシア疑惑に関する議会捜査に時間とエネルギーを注ぎ、巻き返しを図っています。

トランプ大統領が司法妨害解明のカギを握るロバート・モラー特別検察官及びドン・マクガーン元大統領法律顧問の議会証言を阻止したので、議会民主党は同大統領がロシア疑惑の議会捜査を妨害し、隠蔽工作をしていると激しく批判しています。特に、民主党急進左派の間で「トランプ弾劾の手続き開始は回避できない」という声が高まっています。

このような状況で、トランプ大統領は新天皇陛下との会見を活用して、議会民主党に対して「世界から尊敬をされている米大統領をどうして弾劾するのか」というメッセージを発信する狙いもあります。

結局、新天皇陛下との会見にはトランプ大統領にとって、支持者と議会民主党へメッセージを発信できるというメリットが存在することは確かです。

選挙協力の再確認

トランプ大統領はイスラエルで今年4月に行われた総選挙で、ベンヤミン・ネタニエフ首相に協力し、彼を勝利に導きました。ゴラン高原のイスラエル主権を認め、イラン革命防衛隊をテロ組織に指定して、イスラエルの保守派の票がネタニエフ首相に流れるように仕組みました。同首相は選挙の直前にワシントンを訪問し、トランプ大統領との「蜜月ぶり」をアピールしています。

トランプ大統領にとっても、米国内の保守派のユダヤ教徒の票を獲得できるチャンスになりました。つまり、トランプ、ネタニエフ両氏はウイン・ウイン(勝者・勝者)の関係を築いたといえます。

同様に、米大統領選挙に突入したトランプ大統領と参院選を控える安倍総理は、「選挙協力」の約束をすでにかわしているフシがあります。仮にそうであれば、今回のトランプ訪日の隠された議題は、「選挙協力の再確認」です。

トランプ大統領は集会で安倍総理が東部ペンシルべニア州並びに中西部ミシガン州などに自動車工場を新規に建設することを約束したと、支持者に訴えています。来年の米大統領選挙で最重点州は、ペンシルべニア州、ミシガン州及びウイスコンシン州の3州になるからです。

ペンシルバニア州の選挙人は20、ミシガン州は16、ウイスコンシン州は10で、合計46になります。2016年米大統領選挙でヒラリー・クリントン元国務長官は選挙人を232まで獲得できました。これにうえの3州の選挙人を上乗せすれば、獲得選挙人は278になり、大統領選挙で勝利に必要な270を超えます。

逆に、トランプ大統領の獲得選挙人は306でしたので、この3州を民主党候補に奪還されると、260に減り再選が不可能になります。

すでに、民主党の最有力候補であるジョー・バイデン前副大統領は、ペンシルベニア州、ミシガン州並びにウイスコンシン州におけるトランプ大統領の支持基盤である白人労働者の切り崩しを狙って選挙運動を開始しました。民主党は来年7月に全国党大会をウィスコンシン州ミルウォーキーで開催します。

これに対してトランプ大統領は、3月にミシガン州、4月にウイスコンシン州、5月の訪日直前にペンシルべニア州を訪問し、支持者集会を開いており、民主党候補から3州を死守する意欲を示しています。筆者は、ミシガン州とペンシルべニア州でのトランプ集会に参加しましたが、トランプ大統領は「ペンシルべニア州はこれから何度も訪問することになるだとう」と語っていました。

単なる「引き延ばし」

ペンシルべニア州フィラデルフィアで5月18日に行われたバイデン氏の支持者集会に筆者が参加したとき、ウイスコンシン州シボイガンから車で13時間かけて集会に駆け付けたバイデン支持者と遭遇しました。この白人男性(26)は次のように述べました。

「ウイスコンシン州の農家は中国に大豆やチーズ、豚肉を輸出しています。ところがトランプが中国製品に追加関税をかけたので、中国は米国製の農産物に報復関税をかけました。それが原因で、ウイスコンシン州には倒産した農家があります」

トランプ大統領には大統領選挙の最重点州であるウイスコンシン州の農家を助けるために、同州の豚肉を日本に売りつける思惑があるのでしょう。

安倍総理は、夏の参院選が終わるまでは自動車輸出の「数量規制」や農産物の関税引き下げの要求は待ってもらい、その代わりにトランプ大統領の選挙協力をするという「密約」をかわしたのでしょう。ただ、これは単なる「引き延ばし」にすぎません。

民主党候補からペンシルベニア州、ミシガン州及びウイスコンシン州の3州を狙われているトランプ大統領が、日本的な蜜月関係を捨て、ビジネスライクで安倍総理に迫るのは時間の問題です。

トランプ大統領は中国の習近平国家主席に対して、「私は習のことが好きだ。彼も私のことを好きだと思う。米国の過去の大統領が中国との貿易問題を解決してこなかった」という議論の仕方をして、容赦なく対中貿易赤字是正に取り組んでいます。今後、安倍総理にも同様のアプローチをしてくる可能性は否定できません。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  3. 3

    宮迫の闇営業弁明に関係者「嘘」

    SmartFLASH

  4. 4

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  5. 5

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  6. 6

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  7. 7

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  8. 8

    噛む力失う? 歯列矯正に潜む危険

    幻冬舎plus

  9. 9

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    香港デモ成否が日本の未来に影響

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。